2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 高校野球×坊主頭×世間も「高校生らしく見ていて清々しい」? | トップページ | 札幌記念の回顧 »

札幌記念の予想

去年の札幌記念は内枠の一番強いと思う先行馬(フサイチパンドラ)を1着に、一番強いと思う差し馬(サクラメガワンダー)を2,3着付けに予想したところ当時まだ人気薄だったアグネスアークが2着に飛び込み思わぬ馬券になりました。
今年はメンバーも揃わず面白みに欠けるレースになってしまいました。中山で強さを発揮する2頭が1,2番人気になっていますが時計の掛かる時期の中山で結果をだしている馬はこの条件は悪くないはずです。
強い先行馬(逃げ馬)がレースをコントロールしてしまうと強い差し馬が中々それを差し切る事が難しいのはコース形態(直線が短く、高低差の無くフラットであること)、それに差し馬にとっては思うほど最後の斬れ味が発揮出来ない洋芝であることが大きな要因であると考えています。
逃げ馬が狙いやすいレースですが、今年のメンバーを見るとマツリダゴッホの存在が逃げ馬を狙いずらくしています。蛯名騎手はこの馬がどう動けば勝てるか十分過ぎる程分かっているでしょうし、逃げ馬がスローに落して最後の3ハロンのみのレースになればこの馬に分が悪い事も理解していると思います。スローならば早めにこの馬を動かして上がりが35秒くらい掛かるレースにするでしょう。そうすればこの馬が勝つ確率はかなり高いと考えています。
逃げ馬候補は数頭いますが、コンゴウリキシオー(藤田騎手ならこの馬が逃げでしょう)は去年のマイラーズC、安田記念を見る限りはマイラーとして国内トップレベルでした。その後はパッとしませんがこのメンバーの中に入れば力量は上位。ただ2000mとなると距離にベストではなく、去年のフサイチパンドラの様に溜め逃げが出来る馬でもないので近走の結果とマツリダゴッホの存在も加味して狙いを下げます。
メイショウレガーロは先行競馬で高い技術を持つ岩田騎手を確保。前走は早いペースで逃げてしまってこの馬の良さが出せませんでした。スローでレースをすすめられれば岩田騎手だけに残り目は十分。マツダゴッホが早目にレースを動かさなければですが・・・・。
マンハッタンスカイは何より少頭数とはいえ大外枠が痛い。今年に入ってかなりのレースを消化しているので余力も疑問。
シルクフェイマスはコンゴウリキシオーと藤田騎手の存在によって「楽逃げ」が出来ないのがつらい。

という訳で強い先行馬マツリダゴッホが本命。中山以外で全くアテにならない馬ですし間隔があいていますがこのメンバーならと1着付けの本命。

対抗は一番強いと思う差し馬フィールドベアー。函館記念の回顧で、
<フィールドベアーは去年のサクラメガワンダーのような役割を今後担うのでは?と考えています。メンバーの質が上がっても勝てないが馬券圏内には!というような。
フィールドベアーが札幌記念に出るなら三連単の副軸2、3着付けの馬として買います。札幌記念の予想は勝てる馬を探す事と残りのヒモ選びになります。>
と書いたように2,3着付けの対抗。
函館記念は一番強い競馬をした馬で、内枠なら勝っていたと思います。今回は内枠が引けました。マツリダが自身のレースが出来なければ順調さからかなり勝つチャンスがあると思います。

堅い予想になりましたが馬券は、

④→③→①②⑤⑧⑩⑪

④→①②⑤⑧⑩→③

の11点で勝負です。相手①⑤⑧⑪は多めに買います。

« 高校野球×坊主頭×世間も「高校生らしく見ていて清々しい」? | トップページ | 札幌記念の回顧 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/23210676

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌記念の予想:

« 高校野球×坊主頭×世間も「高校生らしく見ていて清々しい」? | トップページ | 札幌記念の回顧 »