2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 札幌記念の予想 | トップページ | 新潟記念の予想 »

札幌記念の回顧

札幌記念は予想通りコンゴウリキシオーが逃げる展開に。やはり去年のフサイチパンドラの様に溜め逃げが出来るタイプでもなく一定のラップでの逃げ、札幌で1000m通過58.4秒ではちょっと無理、この馬のおかげで締まったいいレースになりました。
レースを見ているとちょっと速いくらいの逃げで後続は平均ラップくらいと思っていました。マツリダゴッホはいいタイミングで動き出し4角過ぎで抜け出した時は見事な脚でさすが中山でG1を取った馬だ思い、完全な勝ちパターンで1着は確実と思いました。その後ろからマツリダゴッホに合わせるようにフィールドベアーが上がって行き馬券はほぼ的中したと確信していました。
誤算はタスカータソルテがかなり走った事とレース全体の流れが速かった事。それでもマツリダゴッホが万全なら勝てていたと思いますが、やはり休み明け、馬体が減ったままだった事が影響し最後勝ちパターンで押し切れなかった事につながったと感じています。
上位3頭は締まった流れの中からマツリダゴッホが作り出したゴールに向かっての流れに巧く乗れた3頭でした。
それにしてもタスカータソルテの走りは予想以上でマツリダが動き出し始めた時はこの馬と3着ですぐ後ろにいたフィールドベアーよりかなり後ろにいましたが4角ではもうフィールドベアーのすぐ後ろに!そしてフィールドベアーの外を回り直線もかなり伸び差し切って勝った事はちょっと驚きました。かなり長くいい脚を使いました。レースの流れを考えれば一番いい乗り方をしたのは確かですが、強い競馬でした。
馬券は悶絶の外し方でしたが、いいレースが見れました。

マツリダゴッホはレース前、「何か走りが軽く、デキは8分くらいといったところかもしれない。それでもグランプリ馬として恥ずかしくないレースをしてくれないと困るし、期待はしているよ」とのコメントがありその通りの結果になりました。蛯名騎手は勝ちに行く見事な騎乗をしましたし、馬も休み明けなりにそれに応えました。負けても悲観する内容ではありません。心配なのは海外レースに行き、減った体重が戻らないまま(59キロで圧勝した日経賞の影響?)秋に向けての第一戦を走ってしまった事。それもレコードとなるようなレースの締まった流れを終盤自分で勝ちに行くレースをし負担の大きいレースになりました。
この秋、有馬記念までの連戦を考えているなら一度馬体を戻す必要があると思います。その戻した体で次戦を迎えるなら落とし穴があるかもしれません。
底力のあるG1級の馬である事は確かですし競走馬として充実期にある事は確かですが、有馬記念までポンポンと好走を続けるのはどうかと。
札幌記念はいいレースでしたが、マツリダゴッホにとって馬体を減らしたままでのこのタフなレースは理想的な秋に向けての始動のレースとは言い難いと思います。

それにしてもコンゴウリキシオーが中距離のレースに出て来て、この馬がレースを作り馬券圏外に飛ぶレースは必ず後ろにいる馬が好走しますね。しかも今までのレースでは人気薄の馬までもが馬券に絡む事が多いです。先行馬クラッシャーのこの馬が出る中距離のレースは後方の人気薄の馬を狙ってみます。一定のリズムで逃げるこの馬の存在は何処かで緩めて最後の脚を残しておきたい先行馬にはまったく迷惑なもので、特に人気の先行馬達が一定の速い流れで残れないタイプと感じた時は後ろの馬の固め打ちをやってみるつもりです!特に小回りコースで!!

« 札幌記念の予想 | トップページ | 新潟記念の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/23245804

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌記念の回顧:

« 札幌記念の予想 | トップページ | 新潟記念の予想 »