2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 札幌記念の回顧 | トップページ | 新潟記念の回顧 »

新潟記念の予想

高速馬場で、しかも直線の長い新潟の外回りコースで行われる為、究極の末脚の斬れが試される事の多いレースです。過去5年レースラップの後ろから2つ目が10秒台になっている特殊なレースです。直線に向いてから追い出してスピードの持続能力が優れている馬を狙いたいと思っていました。
関屋記念の時に書きましたが、トウショウボイスを買いたいと考えていましたが騎手は勝春騎手のままでした。しっかり追える騎手が乗ればこの馬にとって今回の条件はかなりプラスになると思うのですが。
新潟のレースを見ると内が少々悪くなっているようで、先頭で4コーナーを抜ける馬は意識的に内を通らず馬場中央に持ち出しているように感じます。
新潟は広くて直線が長いので他のコースよりは影響が少ないですが、やはり先行馬が内を避けて直線に入るようなレースでは外の馬場の方が良かったとしても今回のようなフルゲートの差し馬外枠の差し馬の距離ロスを考えると買いずらいものです。
こんな事も直線の斬れだけを問うレースになれば関係ないのですが、5月の新潟大賞典のオースミグラスワン(このレース◎)にせまるような爆発力のある馬が今回のメンバーにはいないと思っています。上がり最速を出せる馬が勝ちやすい質のレースではありますが、その上がりの脚がかなりのものでないと騎手がみな末脚を意識してレースをしている事も手伝って前が残ってしまうのでは??
こんな考えから本命は関屋記念の時と同じくタマモサポート
勝つまではどうかと思いますが、前走のマイルとはいえ同じ新潟の重賞で3着の馬。13番人気の単勝30倍とは驚きました。この人気なら狙う価値は十分あります。
この馬は去年の準オープン、今回と同じ新潟外回り2000mを逃げて圧勝しています。(二週後の新潟記念より0.7秒遅い勝ち時計ですが。) ゆっくり逃げられる事とそれなりにスピードの持続力もあるということで新潟外回りのレースはかなり合っていると考えています。逃げ馬候補が何頭かいる事と実績の割にハンデが56キロも背負わされた事が不安点ではあります。騎手も出来れば松岡騎手なら。

対抗はダンシングロウ。この馬は前目で競馬出来る上に、スピードの持続能力も優れていると感じています。最近の充実ぶりから人気でも評価します。高速馬場で前目で上がりもまとめられる馬で爆発的な決め手を持つ馬がいないレースでは信頼出来るのでは?

この2頭の馬連。
それとこの2頭軸の三連複を買います。相手は絞りきれていませんが、このレースは高速上がりを意識し過ぎるレースでペースがどのくらい緩むかもわからないので手広く。この2頭より重い斤量を背負った馬は買いません。

« 札幌記念の回顧 | トップページ | 新潟記念の回顧 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/23368257

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟記念の予想:

« 札幌記念の回顧 | トップページ | 新潟記念の回顧 »