2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 小倉記念の回顧と関屋記念の展望 | トップページ | 関屋記念の回顧 »

関屋記念の予想

関屋記念は19頭の登録がありましたが結局12頭立てのレースになりました。
展望でマルカシェンクがコケれば高配当も、と書きましたが、このメンバーで相手11頭のうち3頭がマルカシェンクの前でゴールするという事が考えにくく、馬券には絡むと考え素直に対抗の評価にします。

本命は⑤タマモサポート
2月の東京新聞杯。阪神カップで復調気配を見せたローレルゲレイロが復活の勝利をあげたレースです。ローレルゲレイロはマイルでかなりの強さを発揮する馬ですが、この馬が逃げるレースを3,4番手で追走し僅差の3着になだれ込んだ事は評価できます。タマモサポートが抑えた4着以下の馬はカンパニー、ハイヤーゲーム、ジョリーダンス、エイシンデピュティ、サイレントプライド、カネトシツヨシオー。エイシンデピュティ、サイレントプライドは同じくらいの位置取りでレースをしました。
この馬は最近小回りコースでレースをして結果が出ていませんが、左回りで直線が長い新潟、東京ではマイル以上の距離で期待できると考えます。毎年夏場に調子を上げて来る馬でもあり、精度の高い先行競馬ができる松岡騎手が鞍上なのも好材料です。

対抗は⑫マルカシェンク
このメンバーでの12頭立てではこれ以上評価を下げられません。前走のように一番後ろからの競馬なんて事にならなければ少なくとも馬券には絡んでくると思います。マイルではかなりの強さを持っているので今後の為にもこの位のメンバーの重賞ならば勝っておきたいところです。夏場に走っていないということが不安点ではあります。福永騎手が去年のカンパニーと同じようにこの馬に過度の末脚の斬れを期待すると危険があるとは思いますが、そのような騎乗はしないと思います。

3番手は⑪リザーブカード
去年の夏場に行われた新潟1600の豊栄特別では前にいたショウナンタキオンをとらえ損ねなしたが、今回のレースにつながりそうないい斬れ味を見せていました。マイルの適正が高く、重賞ではあと一歩でしたが、今回はチャンスでしょう。

4番手は①マイケルバローズ
2月以来の休み明けは大いに不安ですが、マイル適正の高いこの馬がこのメンバーでも人気が無いなら買いです。

本命馬から馬連3点で勝負です!

◎、○の2頭軸から3連複も買います。
ヒモに②トウショウボイスと③トップオブツヨシを追加して4点勝負です!

« 小倉記念の回顧と関屋記念の展望 | トップページ | 関屋記念の回顧 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/22895880

この記事へのトラックバック一覧です: 関屋記念の予想:

« 小倉記念の回顧と関屋記念の展望 | トップページ | 関屋記念の回顧 »