2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 関屋記念の予想 | トップページ | クイーンSの予想 »

関屋記念の回顧

関屋記念マルカシェンクが完勝。馬券の方も本命馬3着ながら珍しく○ー▲ー◎の3頭で決着し的中。
マルカシェンクは2歳時のデイリー杯以来の勝利。賞金も加算でき今後の展望がひらけました。マイル近辺での能力は高いので今後が楽しみです。展望の時も書きましたが、関屋記念の勝ち馬は2002年のマグナーテン以来次走重賞レースで必ず馬券に絡んでいますのでマルカシェンクの次走がどこになるのか気になるところです。(人気になるでしょうが。)
マルカシェンクは最近小回りのコースばかりのレースでしたが直線の長い広いコースの方が合うと思います。この条件での出走は距離の合わないレースを使っていた3歳時を除けば2歳のデイリー杯完勝以来、京都外回り1600の京都金杯のみで、このレース4着でしたが前残りレースで位置取りが後方過ぎたものでした。そして今回この条件の重賞で完勝。外枠もこの馬にとっては必要で広いコースで外をノビノビ走った方が力が出せるような気がします。
次が毎日王冠ならメンバーによってはそれほど人気にならないでしょうし、馬券圏内の好走確率が高い馬として重い印を打つつもりです。
3歳時はダービーの後、毎日王冠を挟みながら菊花賞へ行き、その後マイルCSと訳の分からない使い方をされましたがこの勝ちを契機にマイル路線での飛躍を期待したい馬です。

2着はリザーブカード
重賞でも差のない競馬が出来るようになり、今回はメンバー的にチャンスだと思いましたがマイルでの強さを示し惜しい2着。マルカシェンクが斜め後方に位置して直線を向きマルカシェンクの目標になってしまった事が少し不幸でした。マイルなら今後もメンバーによっては好走が期待できます。

3着に本命のタマモサポート
1000m通過が59.9秒。時計の出る新潟ではかなりのスロー。ラップをもう少し締めても好走可能と思っていただけにレースを完全な上がり勝負に持っていって斬れ味に勝る馬に差されたのは少し残念な気もしますが、スタートでハナを奪いレースをコントロールした事と今の新潟の馬場は最内が少し伸びが悪いように感じていたので先頭でコーナーを回りながら馬場中央寄りの進路を選択したのはファインプレーだと思います。
今後も特に東京と新潟のコースで期待したい馬です。

4着トウショウボイス
スタートで出負け。直線ではほぼ一番後ろから追い出す事に。勝春騎手らしいと言ってしまえばそれまでですが。この騎乗とマシュリクの+30キロに助けられて馬券が的中した気もします。
この馬は新潟が一番合うのは間違いなさそうです。あれだけスローのレースをメンバーが強くは無いとはいえ外にヨレながらよく差の無い4着に差し込んでこれた、というのが感想です。このあと新潟記念に出るかは分かりませんが出るなら斤量もソコソコでしょうし、鞍上変更を条件に買いたい馬です。しっかり追える騎手ならこの馬にとってかなりのプラスになるはずです。

« 関屋記念の予想 | トップページ | クイーンSの予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/22905342

この記事へのトラックバック一覧です: 関屋記念の回顧:

« 関屋記念の予想 | トップページ | クイーンSの予想 »