2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 宝塚記念の予想 | トップページ | 宝塚記念の回顧その2 内田騎手 「初心」の積み重ね 地方出身騎手の先行競馬の質の高さ »

宝塚記念の回顧その1  先行押し切り

宝塚記念は悪い馬場の中、◎エイシンデピュティ@内田騎手が豪快な「追い」で馬を残し勝利しました。フレンチデピュティ産駒は天皇賞春に続いての勝利。天皇賞春は◎アドマイヤジュピタを1着付けの◎にしながらサムソンに馬券を割られましたが、今回は無事に的中しました。

レースは予想通り、内田騎手が先頭での競馬を選択。

12.5-11.1-11.9-12.7-12.4-12.6-12.5-12.3-12.2-12.2-12.9

これがレースラップでエイシンデピュティが刻んだラップ。楽に逃げられた訳では無く、アドマイヤフジ、ロックドゥカンブ、インティライミらが先行する中で追って先頭に、その後もG1らしい締まった流れになりました。
エイシンデピュティが先頭を取れたので、気になるのは予想の時に言ったアサクサキングスとメイショウサムソン。アサクサはスタートで前に行けず更に外枠のロスもあり5番手、サムソンにいたっては中団後方。これでかなり勝つ確率が高くなりました。

アサクサキングスは外枠でスタートが決まらず。早めに行かないと良さが何も活きない馬なので四位騎手は仕方なく外を回って距離ロスをしながらポジションアップを試み、4角過ぎで一気にスパート。この時の脚は見るべきものがあり、エイシンに並びかけるまでに!とはいえエイシンが内でロス無く直線を迎えたのに対し、アサクサは外を道中ポジションを上げながらかつ一気に先頭に出ようとする競馬でしかも馬場が悪い中。体力のロスは相当なもので止まるのも当然。この馬にとってスタートが悪かった事が全てであり、外枠という事が最後までひびきました。この1戦で評価を落とす事はないと思います。只、今後も斬れる脚が無いので、よほどハイペースにならない限り前目で競馬を始められないと苦しい馬です。

メイショウサムソンの騎乗法は理解に苦しみます。武騎手ならやりかねないとは思いましたが、実際にやるとは。途中で馬券圏外も十分にあると思いました。展望でも書きましたが、サムソンは4角先頭を目指すべき馬で、直線で前の馬を交わそうとする競馬をするから力量的には勝てるレースも落としてしまうのだと思います。
スタート後はもっと積極的に前に行く事を意識するべきであり、内枠を引きながらわざわざ後方から外を回すような競馬はサムソンにとってスタイルとして合わないものですし、何も実を伴わない。馬場の悪い中のレースでしかも逃げているエイシンは強い馬。なぜ後ろからの競馬を選択したのか?4角で先頭の馬を潰すような競馬、石橋騎手がやっていたような競馬をしていたら圧勝していたと思います。4角での反応の悪さはこの騎乗法がサムソンに合わないという事を物語っているような気さえします。
この騎乗法、あの4角での反応の悪さで僅差の2着は力量、底力とも抜けており凱旋門賞に行ってもいい勝負が出来ると思います。只、騎手は前に行くという「理」を理解している石橋騎手か地方出身のトップジョッキーである正攻法の競馬の精度の高い岩田騎手に任せるべきかと。「先行押し切りの名馬」メイショウサムソンにこのような騎乗は失礼(?)です。
競争馬で一番強いスタイルは逃げてそのまま押し切れるというものだと思っていますが、先行して4角先頭で押し切れる事も同じく最強の競馬スタイルで王道とも呼べるものです。直線で不利を受ける事も無いですし、自分で主導権が握れますし、余計に距離を走らずゴールに向かえます。
最近の日本の競馬は馬場高速化の伴い、終いの斬れる馬が求められうやむやになっている所がありますが、押し並べて見れば先行押し切りの馬の勝率、連対率は後ろから行く馬のそれを遥かに凌駕しているはずです。
サムソンは前に行ける馬ですし、早め先頭に立っても凌ぎ切れるだけの力量、底力、勝負根性をもった類稀な馬です。自分が前で早めに動く事によって後ろで脚を溜めている馬も不本意ながらも早めに脚を使う事になりゴール前の脚が甘くなる。力のある1番人気の馬なら尚更動かざるをえない!この事で凌ぎ切れる。このスタイルが王道たる所以でもありますが。
くどいようですが、サムソンは先行押し切りの最強のスタイルを持った名馬で、しかも馬場の悪いレース、力量のある逃げ馬が単騎逃げ濃厚のレース、自身は内枠。どうして後方からなのでしょうか?競争馬はそれ程ピークの時期が長くはありませんし、このようなレースを見るとどうしても「もったいない」と思ってしまします。

その2に続きます。

« 宝塚記念の予想 | トップページ | 宝塚記念の回顧その2 内田騎手 「初心」の積み重ね 地方出身騎手の先行競馬の質の高さ »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

競馬素描」カテゴリの記事

コメント

初めてコメします

毎回興味深く読ませて頂いてます♪

武豊のサムソンに対する騎乗批判
全く同感です!!

武豊を乗せ続ける意味が分かりません(怒)
さっさと見切りをつけて
石橋守騎手とのコンビを復活させて欲しいです

武豊の時代は完全に終わりましたね(笑)

今後とも頑張って下さいね

はじめまして馬方歳三さん。
同じ考えの方のコメントがもらえて非常にうれしいです。ありがとうございます!コメントが付かないブログなんで感謝感謝です!
去年のこのレースでの石橋騎手の騎乗は感動モノでした。それなのにこのあとサムソンから降ろされる事に・・・。彼はどんな気持ちでこのレースを見ていたのか考えると胸がつまります。
石橋騎手で凱旋門へ!なんてドンデン返しがあると嬉しいんですが。せめてサムソンが衰える前にもう一度石橋騎手とのコンビが見たいですね。
今後もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/21994112

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚記念の回顧その1  先行押し切り:

« 宝塚記念の予想 | トップページ | 宝塚記念の回顧その2 内田騎手 「初心」の積み重ね 地方出身騎手の先行競馬の質の高さ »