2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 安田記念の予想 | トップページ | 秋葉原での凄惨な事件について  ~リアリティの欠如~ »

安田記念の回顧 地方出身の騎手と正攻法の騎乗

安田記念が終わり、春のG1シリーズも最初だけで残りは全て惨敗で終わってしまうという何ともお寒い結果になってしまいました。最後くらいはと参戦した安田記念の回顧を簡単に。

勝ったのはウォッカ
去年散々使った挙句、年明け2月の京都記念から始動。その後海外G1で前目で厳しいレースを踏ん張り好走、帰国して間も空けずにヴィクトリアMに参戦、続けてこの安田記念に。かなり無理があるような気がするのですが、終わってみれば圧勝!!この馬の状態がいい時は4角を抜けた後の脚がものすごい迫力なのですが、今回はこの脚が使えました。人間様の都合で過酷なローテを組まれながらこれだけの力を発揮できるとは。しかも牝馬です。
ウォッカのパフォーマンスが凄過ぎて他の17頭がかすんでしまうくらいのレースぶりですが、ウォッカが優秀なのは勿論のこと、岩田騎手の騎乗ぶりが秀逸!

スタートでポンと前に出て、ハナを取れるくらいでしたが、3,4番手の内で脚を溜める事に専念。経済コースを通り溜めた脚を4角過ぎで解放すると見事な弾けっぷり。しっかりした末脚を持つ馬にこんなレースをされては後から差しようがありません。
ハーツクライの有馬記念と被って見えるような見事な騎乗。
ハーツクライはジャパンカップで究極の末脚を見せながらも先に抜け出したアルカセット@デットーリに僅かに及ばず2着。有馬記念ではルメール騎手も3戦目、中山ですし中団くらいで脚を溜められれば4角で後方から外を回すディープインパクトに先着出来ると期待してレースを見守ると何と前から3番手で脚を溜める競馬を実践しました。この時、凄い騎手だなーと感心したのですが、同じ事を岩田騎手は初めて乗るウォッカで見事にやってしまいました。ウォッカの前任者はなぜこの競馬を試さなかったのでしょうか??

競馬は力量が変わらなければ明らかに前で競馬出来る方が有利で、前で競馬出来る事はそれだけで一つの大きな能力と常々思っているのですが、どーもサンデー産駒が出て来た辺りから、日本の競馬場の芝の質の良くなり、下の堅い馬場も相俟って世界でも稀なかなりの高速馬場になりました。その高速馬場で斬れ味で勝るサンデー産駒が後方からスパーンと斬れて勝利をモノにするレースが増えました。某元騎手が言うところの「いい格好しいの騎乗」。
この時代を経たJRAの騎手は騎乗法にこの名残りと言うか弊害みたいなものがあるような気がします。意味も無く後ろで脚を溜め、レース後「流れが向かなかった」等のコメント。
この様な乗り方の騎手が増えるとつまらないレースが増えます。
地方競馬のダート小回りコースで正攻法の競馬で勝利を目指し、正攻法の騎乗技術を磨きあげ騎手として完成度の高い状態でJRAに主戦場を移してきた人たちが活躍しているのはこの正攻法の競馬の精度が高い事が強みになっているような気がします。

去年の秋華賞でのベッラレイアの騎乗法やヴィクトリアMで直線を向いてもまだ脚を溜め、最後の斬れに賭けたウォッカの騎乗法は上の「正攻法」に対して言えば、「奇策」。
最近の横山典騎手は「奇策」が多い気がします。
勝機が少ない馬や、性格的に問題のある馬なら仕方ないのですが、そうでない場合、単に確率の悪い乗り方になってしまうと思います。サンデーの仔がいなくなる今後は更に割の悪いものになるでしょう。

ドバイで馬場を考慮して前で競馬して好走しながら、ヴィクトリアMであそこまで終いを活かす競馬に徹した武騎手、その前にずっと乗っていた四位騎手と今回の岩田騎手の騎乗方法があまりにも対照的だったので言いすぎとは思いつつも、つらつらと思っている事を書きました。

最後にかなりの確率で勝てると思って本命にしたグッドババ
香港でのレース映像を見る限りは2着に入ったアルマダには負けないとは思っていたのですが、17着。馬場とか流れとかでは無く、状態が悪かった様に思えます。4角で馬なり進出から直線でどれだけ伸びるか期待していましたが、早、4角でアラアラの走りっぷり。残念でしたが、ウォッカにあの競馬をされては万全でも勝てなかったように思えます。

もう一つ、ウォッカの今後について。
岩田騎手とウォッカを称賛しましたが、牝馬にこの使い方は無理があり、また人間様の都合で宝塚に出るなら絶対に買いません。休養させない限り、東京以外の競馬場でのレースでも軽視の予定です。

« 安田記念の予想 | トップページ | 秋葉原での凄惨な事件について  ~リアリティの欠如~ »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/21530511

この記事へのトラックバック一覧です: 安田記念の回顧 地方出身の騎手と正攻法の騎乗:

» 【競馬】今年の馬券成績(6/8現在) [にたろうの退屈な日々]
先週の馬券成績は#63647;のち#63649;#63897;土曜日はなんとかプラス収支も日曜日はマイナス。安田記念が穴馬3頭を挙げて、そのうち2頭が2,3着。しかも人気のスーパーホーネットとスズカフェニックスを疑っているのだから、ガツンと大儲けできるチャンスだったねえ~#63897;結局ワイドだけ当たりましたけど・・・。安田記念の予想はこんな感じ・・・↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓人気とスピード指数の乖離から穴馬を挙げると☆...... [続きを読む]

« 安田記念の予想 | トップページ | 秋葉原での凄惨な事件について  ~リアリティの欠如~ »