2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« マーメイドSの予想など | トップページ | 宝塚記念展望 2 »

宝塚記念展望

宝塚記念は春競馬を締めくくるグランプリですが、年末のグランプリ有馬記念に比べると多くの馬がこのレースを目標に仕上げてくるという点で興味深いレースです。
秋の天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念と一か月間隔で厳しいレースが続くのでは無く、春の天皇賞からも二か月ほど間隔があり余力という点で不安視しなければいけない馬もいないでしょう。
枠順が発表になりました。春競馬の最後にしっかり仕上げたそれも一流馬が一堂に会するこのレース。しかも舞台は小回りで最後に坂がある阪神2200m。この舞台ゆえに最後に底力、極限の「もうひと踏ん張り」を試されるレースになる事が多く、外枠に入った馬(特に先行馬)は道中のロスを考えると(スタート後直線が長く、ポジション取りは比較的容易ですが、僅かなロスでも)少なくとも頭は無いと考え毎年馬券を買っています。

人気が予想されるメイショウサムソンは2枠2番。宝塚を勝つ為には良い枠を引きました。ジャパンカップでこの馬のスタイルでない競馬をした事でその後輝きを失い、春の天皇賞でも復活はまだ先と消しましたが強い競馬で2着。馬単勝負の◎→○の馬券を割られました。
この2着はかなり強い競馬で、かなり長い距離いい脚を使っています。去年勝った時と同じ様な競馬ですが、石橋騎手の方が4角で先頭、もしくは先頭付近に、という意識が強くあるような気がします。実際、早め進出の4角先頭、先頭付近の競馬がこの馬のスタイルだと思いますし、それでこそこの馬の良さ~類稀な底力、後ろから並びかけてくる馬に対しての勝負根性~が引き出せますし、結果も伴っています。
それだけに石橋騎手の乗った去年の春の天皇賞、負けはしましたがハイペースの中、4角過ぎで先頭を敢行した宝塚記念は感動的なレースでした。

内枠を引きながら馬の力を過信し最後外を回って直線で前にいる馬を差すという競馬をすれば少なくとも勝ちは無いような。
今年は頭数も14頭と多く無く、メンバー的にも去年の様なハイペースにはなりにくいでしょう。チャンスは乗り方ひとつで?
他に気になる事は勝負所での反応が少し鈍くなっているような事。良化途中という事ならいいのですが、前走はかなり仕上がっていたようなので懸念材料です。この事も4角先頭を目指せば隠れる事かもしれませんが、直線に入ってなお前に馬を残すようなレースになれば危ないと思います。
去年の宝塚、ジャパンカップ、今年の天皇賞とアドマイヤ+岩田騎手にやられていますが、今回アドマイヤにやられて勝利を逃すという事は無いでしょう。

枠順発表後、穴馬?できになるのはアルナスライン。目黒記念経由は間隔が短いせいか結果が出てませんが、すみれS、京都大賞典(ポップロック、条件最適だったインティライミ相手にこの時点で!)でスローの上がり勝負で好走しながら底力を試された菊花賞でも僅差の惜しい2着。それでいて菊花賞馬アサクサキングス、岩田騎手が乗るロックドゥカンブより人気は確実に下でしょうから内枠、和田騎手も含めて魅力があります。
前走はホクトスルタンを差し損ねていますが、横山騎手が巧く乗ったレースでしたし、菊花賞本命にしたこの馬、強い馬だと思っていますので悪いレースではなかったと思っています。

あと天候も含めて馬場が微妙ですね。阪神は開幕2週目ですが、馬場はあまり良くないような気がします。

« マーメイドSの予想など | トップページ | 宝塚記念展望 2 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/21912130

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚記念展望:

» 【競馬】宝塚記念枠順確定! [にたろうの退屈な日々]
1枠 1番 インティライミ 58佐藤哲三2枠 2番 メイショウサムソン 58武豊3枠 3番 フォルテベリーニ 58鮫島良太3枠 4番 アルナスライン 58和田竜二4枠 5番 サクラメガワンダー 58福永祐一4枠 6番 アドマイヤオーラ 58安藤勝巳5枠 7番 アドマイヤフジ 58川田将雅5枠 8番 ロックドゥカンブ 57岩田康誠6枠 9番 エイシンデピュティ 58内田博幸6枠10番 ドリームパスポート 58蛯名正義7枠...... [続きを読む]

« マーメイドSの予想など | トップページ | 宝塚記念展望 2 »