2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 秋葉原での凄惨な事件について  ~リアリティの欠如~ | トップページ | マーメイドSの予想など »

ローカルの時期 注目騎手

今週から函館、福島の開催がスタート、夏のローカルシーズンが始まります。
スターホースと呼ばれる馬は既に休養に入ったか宝塚を最後に休養に入ります。メイショウカイドウのようにローカルのスターホースというのも稀にいますが・・・・。

個人的にはローカルシーズンは大好きで、オッズに表れるほど実力に差が無い事が多く、中央場所で走るものとは違う適性が求められたりする為、馬探しが楽しみです。
函館の芝などまるで別モノなので、ココで意外な強みを見せる馬が出るかなと考えるだけでも楽しいものです。
小回りコースも多くなるので騎手の乗り方もかなり重要な要素になると思っています。

競馬の雑誌を買った事はないですし、見る事もあまり無いのですが、先日、時間潰しに手に取ると大庭和弥騎手の記事が興味深いものでした。(とは言ってもゆっくり見る程の時間はなくサッと目を通しただけですが。)
大庭騎手は穴馬をよく持って来る穴騎手という印象はありましたが、それ以上の事はよく知らない騎手でした。記事はインタビュー形式?になっていて大庭騎手の騎乗への考え方が書いてありました。概要は、内の馬場の損耗の程度にもよりますが基本的に競馬は外を回さず内で競馬した方が絶対的に有利で、彼曰く、「内で詰まっても外を回すのとあまり変わらない事が多い」、「馬ゴミが不安な馬もスタート後すぐにインに入れ、終始イン回って来ると馬も慣れてくる」など内に拘る理論を展開し、「他の騎手がナゼ外を回して勝負に行くのか分らない!」とまで言ってのけてます。確か、中学生の頃から疑問に思っていたとも言っていたような。
こういう考え方の騎手は非常に好感が持てます。
この騎乗法はおそらく良い(勝負になる)馬が回って来る機会が少ない為、インを回る事によってコーナーで脚を使わずにポジションを上げる(雑誌にも書いてありましたが、力の無い馬は後方からの競馬になる事も多く、いい勝負に持ち込む為にはこれが必要不可欠。)事が唯一の結果を残す方法だった事から確立されたものだと思います。
これは調教師や馬主に対して裏目に出た時の事を考えるとかなり勇気に要る事なのかもしれません。この人達にダメだと烙印を押されたら生き残れない世界だから。

彼の自分の理論を信じての「イン捲り!」には魅力を感じます。海外のジョッキーは日本の競馬はなぜあんなにインが開くのか?と疑問に思うらしいですが、確かに海外のレースを見るとインがガチガチなレースが多いです。距離ロスをしない、馬の体力を外を回る事によって無駄に使わないというのは基本的には勝利に繋がる競馬の本質なのでしょう。

日本の場合は馬場が非常に堅い、(最後に(急)坂のあるコースがあり、そこに意識がある為)スローに進んでの瞬発力勝負のレースが多い、このことから勝つ為に最後の斬れ味を強みにしている馬が多い等の要素があり、馬場の良い外で斬れる脚を使えれば勝てるという事情(今後は迷信??)があるので海外レースとは少し違うかもしれませんが、インで競馬をする意識のある大庭騎手は今後注目し続けます。子供の頃から外を回すレース運びに不合理を感じているとは、少なくとも勝負になりにくい馬を馬券圏内に導く「穴騎手」としての資質は十分な騎手でしょう。
今年のローカルで素晴らしい結果を出して今後良い馬が集まる事を期待します。

他には字面が似ていますが、大野拓弥騎手
彼は芝、ダート問わず、中距離のレースなら騎手の回収率では福島、新潟あたりで驚異的な数字を残しています。今年のローカルでもかなりの活躍が見込めます。
この人は勝つ確率が高くなるであろうローカルコースをしっかり研究し、何かをつかんでいるのかもしれません。中央でバンバン勝ち星を獲得出来る騎手はそれほどローカルでこそ!という思いは無いでしょうし、相対的にローカルでの騎手としての期待度は高まります。

« 秋葉原での凄惨な事件について  ~リアリティの欠如~ | トップページ | マーメイドSの予想など »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/21750779

この記事へのトラックバック一覧です: ローカルの時期 注目騎手:

« 秋葉原での凄惨な事件について  ~リアリティの欠如~ | トップページ | マーメイドSの予想など »