2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« フローラS予想他 | トップページ | 天皇賞 春 の回顧とNHKマイルについて »

天皇賞 春 の予想

更新が随分遅れてしまいました。
春の天皇賞はG1レースの中でもかなり好きなレースで、配合される馬も年々2000から2400mあたりが主流になってきていて、主流から外れる適性のレースでNo.1を決めるG1となり、本当に距離の壁などを超えてしまう強い馬がいないと荒れてしまう事が近年多い事も時代の流れだと思っています。
それでもなお、春の天皇賞は今後も最も格の高いG1として存在し続けていてほしいものです。

今回の天皇賞で逃げると思われるのは、ホクトスルタン。菊花賞では本命にした馬です。菊花賞では直線に入ってから意外な失速ぶりで負けてしまいました。失速するまでのレースぶりは中々雰囲気がある馬で、この時より力をつけて(状態が良くなって)いれば好勝負は十分可能です。前走はかなり強い競馬でこの人気も頷けます。
しかしながら、問題なのはアサクサキングスの存在。天皇賞ではホクトスルタンの強みを見せる為の見事なラップを踏んでのレースをしましたが、アサクサキングスにやられました。早めに仕掛ける事で馬の強みが出せるアサクサキングスの存在はかなりキツイと思います。またこの馬にやられると考えます。

そのアサクサキングス。現在1番人気。間違いなく強い馬です。前走の大阪杯はスピード競馬の申し子と言えるダイワスカーレットの演出するレースをこのステイヤーは4角で競り落としに行く見事な競馬。能力が高くないととても出来ない芸当です。
只、このレースが今回のレースとはあまりにかけ離れた質のレースで、今回のレースに繋がるモノではなく、この競馬をした後に3200mのレースをするというのはマイナス面が多い気がします。また、スピード競馬に対応して少し走り過ぎた感じもあり、ダービーの後、宝塚での大惨敗した馬であることも気になる所です。
もし、状態が良くこのレースを迎えたとして、菊花賞と同じくホクトスルタンを目標に競り落とす競馬を敢行すると思われますが、菊花賞より200m長い事で何かに差される気がします。それが1頭なのか、複数頭なのかはわかりませんが。

前置きが長くなりましたが、本命は◎アドマイヤジュピタ
アルゼンチン共和国杯で本命にした馬。思い入れがあるというのが正直なところですが、強い馬で、騎手の指示に対して従順で、最後の決め手を持つ馬として、アサクサキングスを差せる馬として魅力があります。またハナにホクトスルタン、それを視野に入れてその後ろでレースとするアサクサキングス、更にそれを目標に前でレースをするこの馬の位置取りは今回勝つために絶好のポジションだと思います。
詳しくはアルゼンチン共和国杯の時に書きましたが、長期休養が明けてからのこの馬の競馬ぶりは目をひくもので、将来大きいところを!と期待させるのに十分なものでした。
アルゼンチン共和国杯は勝ちましたが、もう少し巧く乗れた感じもありました。日経新春杯は意外にも最後の伸びがありませんでしたが、これは馬場と馬体増だと決めつけています。
前走は緩い阪神大賞典を完勝しましたが、道中無駄に力まず、溜めた力を最後の爆発力にきっちり変えられると再確認できたので良かったと思っています。
大外枠を引いてしまいましたが、多頭数ではありませんし、おそらく縦長のレースになるのであまり影響はないでしょう。ポンと前に行って早めにインのラチ沿いのポジションと取り、そこからひたすらロスを無くし、脚を溜める事が出来れば、良馬場の直線で一番の決め手を発揮するのは基本能力が高く、賢いこの馬だと思っています。

相手は絞ります。
有力馬では、
ホクトスルタンは応援している馬ですが、アサクサキングスの存在の為に消し。
メイショウサムソンは以前書いた、型を崩して競馬してしまった馬として消し。調教は良くてもレースレベルの負荷がかかった時に馬が最後ギブアップしてしまうと考えます。
ドリームパスポートは菊花賞で好走してますが、春の天皇賞にフジキセキの子というのが不自然な気がします。使っているレースも間隔が短く、完全復活はココでは無いと考えます。
アドマイヤモナークは騎手込みで一番取捨に困る馬です。人気が無いなら本命にしても良い気もしましたが、やはり長い距離のレースを去年の年末から立て続けに5レース!!この消耗はかなり大きいはずです。強い馬ですが、春の天皇賞を本気で狙うならこのようなローテは間違っても組まないはずです。
迷うのは力があり、長距離適性も申し分なく、近走、安藤騎手が乗った時、いかにも手の内に入れている馬だな、と強く感じてしまった事。この人が完全に手の内に入れてしまった馬は時として凄いパフォーマンスを見せます。
人気が無いなら・・・・・・ 迷う馬です。
アドマイヤフジは前走の阪神大賞典がいかにも距離の壁だなと感じたので消し。

残ったのが、きれいに外から5頭。

アサクサキングス
3着以内ではやはり有力。

アイホッパー
この馬はやはり京都での馬。メンバー落ちの今回はチャンス。この人気落ちは明らかに買い!得意の京都長距離に戻っていつもの力が発揮出来れば。8歳になって得意のダートマイル戦で人気落ちに反発するようにフェブラリーSで好走したブルーコンコルドと存在がダブる気がします。

トウカイトリック
この馬もベストは京都の長距離。距離が短くて負けたレースは完全にノーカウントにしていい馬だと思ってます。

ポップロック
去年も春の天皇賞だけは避けているように3200mは少し長い気がします。消極的な買いですが地力はある馬ですから。

◎アドマイヤジュピタ
○アサクサキングス
▲アイホッパー
△トウカイトリック
△ポップロック

馬券はアドマイヤジュピタが天皇賞馬になることを願って1着付けから馬単(4点)三連単1着付け流し(12点)で勝負します。

« フローラS予想他 | トップページ | 天皇賞 春 の回顧とNHKマイルについて »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/20757787

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞 春 の予想:

« フローラS予想他 | トップページ | 天皇賞 春 の回顧とNHKマイルについて »