2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 京王杯SCの回顧とヴィクトリアマイルの展望 | トップページ | ヴィクトリアマイルの回顧と武騎手の騎乗法について少し »

ヴィクトリアマイルの予想

今回のヴィクトリマイルはレースを引っ張るような馬が見当たらず、速い流れのレースにはならないと思っています。意外な馬が先頭に立ったり、前目でレースをする事もありそうです。その事が予想を難しくしていますが、結局はスローの瞬発力勝負。決め手の無い馬は厳しそう。土曜のレースを見る限り時計の速い高速馬場で、ある程度前に行けて決め手のある馬、かつ時計勝負に対応出来そうな馬を買いたいと思います。

まずは昨年暮れの阪神カップで2,3着に入った両頭を高評価します。この2頭以外で掲示板に載ったのはスズカフェニックスローレルゲレイロエイシンドーバー。1400mでは明らかにトップに立つ馬達です。時計の速いレースでこのメンバー相手に好勝負なら今回のレースでも能力的には十分足りるでしょう。今回のレースは時計の速い馬場でスローが濃厚の牝馬限定戦となれば東京マイルといえどもそれほど底力を問われる事は無く、スピードのある距離を延長してココに臨む馬を積極的に買いたいと思います。

ブルーメンブラッド
昨年のこのレースの後本格化。1400でしか結果が出ていませんが牝馬限定のスローが見込めるここでは通用すると思っています。前走は2着ながら一番強いレースをしました。距離ロスのない内枠を引けた事もプラスで勝つかは微妙ですが、3着以内という意味では可能性は一番高そう。おそらく今が競争馬としてのピークにあると思います。

ジョリーダンス
おそらく年齢からしてG1タイトルへの最後のチャンス。牝馬らしく調子の良し悪しがある馬ですがもし良いならこのレースはチャンス。昨年安田記念の東京1600では当時おそらくマイラーとして日本で1,2だった馬に続く3着と能力的には最上位。この辺りの距離での持ちタイムは他の馬に比べて速いものを持っていて時計勝負への対応もできます。安藤騎手はこの馬で差し損ねるレースをしていますが、今回は積極的な競馬を試みると思って期待しています。

ベッラレイア
この馬は外枠に入ってしまったのが残念。スロー濃厚なこのレースでポンと発馬を決めて真ん中辺りで脚を溜められれば勝利には一番近い馬だと思っています。逆に秋華賞の様に終いの脚に期待する競馬をすればどんな上がりを繰り出そうが届かなそう。
今回オークスで勝ちに行く積極的な競馬をして惜しくも僅かの差でタイトルを逃した秋山騎手が鞍上。今回はG1タイトルの最大のチャンスかもしれません。心配なのはオークスで早めに仕掛けた事で・・・と囁かれていること。オークスはG1奪取に向けて気概ある見事な騎乗だったと評価しています。オークスの悪夢を振り払って積極的な競馬が出来るかどうかだと思っています。長期休み明けですが、状態は良さそうですしマイルも問題ないと思います。無理な使い方をしているウォッカよりは間違いなく上位に取る馬です。

ニシノマナムスメ
この馬は最近評価を変えた馬で、函館、札幌の力の要る、上がりのかかる馬場で負けた後、スローの瞬発力勝負を素晴らしい上がりで連勝を続け頭角をあらわしました。こういう競馬で結果を出す馬だと思っていたのですが、ヤマニンメルベイユの勝った時計のかかる持続ラップの中山牝馬で僅差の4着。前走は瞬発系のレースではなかったマイラーズカップを牝馬ながら牡馬の力のある馬に対して僅差の2着。相当力をつけている馬だと思います。結果を出しているとは言え、この馬の強みはやはり瞬発力。本質的には不向きなレースが続きましたが今回はこの馬の本当の強みが活かせるレースになると思います。勝利も十分に見込めます。勝つためにはこの馬も前に行く事が必要でしょう。

あとパーフェクトジョイが穴馬として気になっていたのですが、万全ではないとは言えウォッカに先着という事がイメージ出来なくて買い目から外しました。ウォッカを外す理由は昨日書いた通りです。

馬券は絞ってこの4頭の馬単フォーメイションを買います。

1着④⑬⑰
2着②④⑬⑰

以上馬単9点で勝負です。

« 京王杯SCの回顧とヴィクトリアマイルの展望 | トップページ | ヴィクトリアマイルの回顧と武騎手の騎乗法について少し »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/21015159

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィクトリアマイルの予想:

« 京王杯SCの回顧とヴィクトリアマイルの展望 | トップページ | ヴィクトリアマイルの回顧と武騎手の騎乗法について少し »