2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« オークスの展望 重馬場でのレース | トップページ | オークスの回顧 ギャンブルが成り立つ為の本質 »

オークスは馬場状態が分からずケン、東海Sの予想

予想していたより天候の回復が早く、東京の馬場状態は現在重。馬場が乾く方向に向かっている重馬場で昨日取り上げたリトルアマポーラは記事の通りこういう馬場で凄い上がりを繰り出し完勝しているので、このような馬場状態では力を発揮できると思います。でさえ力量最上位と見ているのですが、他の馬が馬場を苦にする分更に好走確率は上がったと思います。
しかしながら問題は東京競馬場。このあとのレースを見なくてはいけない馬場状態です。乾き始めると意外に早く乾き、しかも排水施設の関係から内から乾いていきます。
もしそのような感じになると、G1でありながら力量とは別に内の乾き始めた馬場に乗せた馬が伸びるので鞍上込みでおそらく外のより湿った馬場の所を通りそうなリトルアマポーラは非常に狙いにくい馬になます。
この状態を逆手にとって狙うならフローラSの1,2着馬いいと思いますが、本当に乾き始めた馬場でのオークスとなれば見応えの無いものになりますし、このあとの馬場の乾き具合も確認できないのでこのレースは回避します。

急遽、東海Sの予想。

◎は⑪ワンダースピード
○が④マルブツリード
▲が①サンライズマックス

ワンダースピードは前走フィフティーワナーの後から仕掛けたあと素晴らしい伸びをみせ完勝。今回も距離が伸びるとは言え去年のこのレースの2着馬。湿っていて体力的にロスが少なく時計の速い馬場も前で競馬をするこの馬に向いていると思います。1番人気とはいえ意外にオッズも付いています。

マルブツリードは最近勝った2レースは道中緩み35秒台の上がりを見せて勝ったもの。前にいても道中緩めば決め手の活かせる馬です。2300mから道中は緩むレースですし、走り易い湿った馬場もスタミナのロスの軽減、決め手を活かすのに向いていると思います。
人気は無さそうですし、狙ってみます。アフリート産駒はこの条件で結果を出しています。

サンライズマックス
全走はJCDの後の休み明け。それにしては前残りのレースでよく追い込みました。更に状態が上向けば好走は確実。明らかに実力上位馬。安藤騎手が乗らない事が少し不安、哲三騎手も復帰後パッとしていない感じがあります。

この3頭の馬単ボックスで買います。マルブツリードからはワイドも。勿論3連複1点も!!

フィフティーワンナーは前走楽な流れの割に馬券にも絡めなかったのはかなり疑問。
ロングプライドは強い馬ですが、平安Sがかなりムチャな競馬でかなりの負担が馬にかかったと思っています。しかもそのあとフェブラリーSへ!復調まで時間がかかる馬かもしれません。

« オークスの展望 重馬場でのレース | トップページ | オークスの回顧 ギャンブルが成り立つ為の本質 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/21161489

この記事へのトラックバック一覧です: オークスは馬場状態が分からずケン、東海Sの予想:

« オークスの展望 重馬場でのレース | トップページ | オークスの回顧 ギャンブルが成り立つ為の本質 »