2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« オークスは馬場状態が分からずケン、東海Sの予想 | トップページ | 東京優駿(ダービー)の考察  クリスタルウイング »

オークスの回顧 ギャンブルが成り立つ為の本質

天候が予報より早く回復して微妙な馬場状態の中行われた今年のオークス。2歳女王のトールポピーが騎乗方法に物議を醸しながらの2冠目ゲットとなりました。

馬場はやはり内がNHKマイルほどではないものの、内が伸びる馬場に変化していたと思います。牝馬は古馬になると余程強い馬でない限り牡馬相手のG1で活躍することはできませんし、牝馬にとっての勲章は桜花賞とこのオークスでしょう。それだけに全馬イコールコンディションに近い馬場でのレースにならなかった事が残念です。

先に2,3着馬について、

2着、エフティマイア
オークスでは一番強い競馬をしたと思っています。
新馬から3連勝。新潟2歳Sは牡馬相手に前で押し切る強い競馬で圧勝。桜花賞は不振続きの後どう見ても強い競馬で惜しい2着。間が調子を落としていたものでやっと調子を戻したと十分に考えられ、人気も無い、しかしながらフジキセキの仔という為にこのレースでは評価出来ない馬でした。フジキセキの仔はマイル辺りが強く、2000m以上になると途端にパフォーマンスが落ちるのは明らかな傾向で、ドリームパスポートだけは特別な馬として例外扱いし、他の馬は2000m以上のレースでは軽視し続けてきました。
例外も2頭目になるとこの考え方も怪しいもので、この馬を機にフジキセキ産駒の考え方を変えた方がいいかもしれません。優秀な種牡馬ですし。
先週のヴィクトリアMに続いてのG1好走。「血の勢い」なんでしょうか?
それにしても惜しい競馬で、個人的には内とは乾き具合による馬場差があると感じていますので通ってきた所を考えると僅差の競馬だったので尚更です。

3着、レジネッタ
フレンチデュピティーの仔にはこの馬場は向いたと思います。阪神JFでそれまでの競馬ぶりから本命に抜擢。早めに仕掛ける競馬で流れ向かず敗退、買わなかった桜花賞、オークスで好走とこれからも相性が悪そうな馬です。
トールポピーが外から内に切れ込み、この馬とその内の馬まで煽りを食いましたが、2着と着順が変わる程では無かったと思います。
多少の不利を受けながらも桜花賞馬の名に恥じない走り。立派でした。
更に立派なのは、レース後の小牧騎手のコメント。2コーナー辺りで少し掛かったのを理由に負けたのは自分の未熟さだとコメントしています。他馬の斜行によっておそらく一番被害を受けた馬にもかかわらずレース後すぐにこのようなコメントを残せる潔さは騎手として立派というしかありません。秋に鞍上武騎手なんて事にならないよう切に願います。

勝ったトールポピー
能力の基本値が高い馬ですが、この馬の武器は末脚の持続力。弱点はそれ程斬れる脚を持ちあわせていないこと。勝負所での加速力があまり鋭くはない事。
「ギアの重い」脚と言うべきでしょうか。スピードに乗るまでは少し時間がかかりますが、一度スピードに乗ればその速度を他馬より長く持続出来る馬だと思っています。阪神JFはその特性が活かせたレースでした。
今回のレースは斬れる馬が斬れる脚を使えない馬場で、長い直線を存分に活かせるレース。良馬場でのスローの瞬発戦では分が悪いと思いましたが、天候も味方してくれたと思います。
「ギアの重い」馬なので、追い出した後に一旦スピードを緩めるといった行為はこの馬にとってはレースを諦めるのと一緒。
阪神JFの回顧で池添騎手は勝負師としての資質が高いという記事を書きましたが、簡単に大一番のレースを諦める騎手ではありませんね。
加速がいい馬では無いのでスッと抜け出せず、直線に入ってから外側を他馬の蓋をされ、前には壁。スピードを保持したまま、内に進路を求めるしかありませんでした。
その後ハートオブクイーンの前をカットに行く訳ですが、この行為自体は許容出来る範囲だと感じています。ハートオブクイーンは前で競馬をして明らかに失速してズルズル下がって行く途中でした。進路変更の前に確認している様にも見えますし、失速している馬の前を加速中の馬がカットしても危険はあまり無いと思います。右鞭連打の影響でかなり内側に切れ込んで行き、レジネッタとその内の馬に影響を与えたのはかなり問題。しかもその後真っすぐ走るが右鞭を入れるとまた内に2頭いるのに内側に斜行!これは更に問題!スピードに乗った中での馬群の中での事故はかなり危険で大怪我や最悪命にもかかわる事故にもなりかねません。内のラチにまで押しつける程のモノなら大事故だったかもしれません。
右鞭の影響でこんなに斜行するとはおそらく思っていなかったでしょう。故意では無いと思います。
裁定はJRAの審議委員に委ねられるのですが、皆さんもご存じの通り、事無かれと言うか実に不明瞭な裁定。この辺りにそろそろ明瞭な「線引き」が必要でしょう!

「ギャンブル」とは薄汚れた、即物的な、生生しいなどマイナスイメージ塊のような概念を持つ人が大多数だと思いますが、意外にも本質的にはこれが成立する為には「合理性」「公正な運営」が絶対不可欠!しかも国が認めた公営ギャンブルならこれに加えて「オープンである」と言うことも必要になります。
まず公正な運営。
不正が横行しているギャンブルにお金を落とす人は余程のギャンブル中毒の人でないといないと思います。公正さが保たれて初めてギャンブルが成立します。
パチンコ屋には余計と思われる程店員が行き交う店もありますが、サービス向上の為もありますが、公正さを保つ為にも必要です。高価な監視システムも同じ役割です。昔の賭場でも胴元に何割が入ったうえで客が残りのお金を勝負事で取り合う。胴元には何割か確実に入るが、不正が横行する様ではその後、客は寄り付かずギャンブルは成り立たない。公正さを保つ為に怖い人たち(?)が睨みをきかす!不正を行った人にはそれ相応の代償を支払ってもらう事で「見せしめ」とし公正さをアピールする。

そして合理性。これはリアリズムといってもいいでしょう。
今回のレースではあれだけ危険な斜行があったのに説明不足。繰り返し鮮明なレース映像を見せてこの馬がこう動いて他の馬がこう影響を受けたからダメとか許容範囲だとか実際にお金を落としてくれるファンに大大的に説明する必要があるでしょう!
簡単に発表があって「裁定終わり、さて最終レース」では納得いかない人も多いでしょう。お上が民、百姓に説明しているんじゃないんだから!鮮明なレース映像なり、パトロールビデオなりで多くの言葉を使ってJRAの裁定を司る人が説明する必要があるでしょう。全国のファンが多くお金を落としているオークスの様なレースの出来事なら尚更です。
リアリズムが欠け過ぎています。
更にファンの怒りの火に油を注いだのが、「降着は無し、着順通り、しかし騎手は騎乗停止」たいした説明も無しにこれをやったら・・・。礼儀正しい慎ましい人達なんですね、日本人は。それにしても明瞭さを欠き、理に適っていない。公正さも怪しい。
JRAのホームページを見に行ってみると、不鮮明ながらもパトロール映像で状況はわかるにしても裁定の説明は??しかも早ダービー一色!!「JRAプレミアムレース」の文字が並ぶ。実際配当に5%上乗せがありますが、いかにも御為ごかし!
JRAはリアリズムの対極にあるようです。

JRAも競馬やこのあたりの本質を理解していない「お役人」がやっているようで、何だか競馬熱も冷めてしまいそうなくらいファンが馬鹿にされている気がします。
膨大な量の映像を洗い直して線引きを決めるなり、騎手のOBにアドバイザーや裁定委員に加わってもらって何かを改革してもらいたいものです。
今回オークスの馬券も買っていない者の独り言ですが少し長くなり過ぎました。

« オークスは馬場状態が分からずケン、東海Sの予想 | トップページ | 東京優駿(ダービー)の考察  クリスタルウイング »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

競馬素描」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/21201582

この記事へのトラックバック一覧です: オークスの回顧 ギャンブルが成り立つ為の本質:

« オークスは馬場状態が分からずケン、東海Sの予想 | トップページ | 東京優駿(ダービー)の考察  クリスタルウイング »