2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« オークスの回顧 ギャンブルが成り立つ為の本質 | トップページ | 金鯱賞の予想 »

東京優駿(ダービー)の考察  クリスタルウイング

ついに今週末はダービーが行われます。ダービーは当然の事ですが、全馬このレースが前々からの目標レース(極論すると生まれた時からの?)、100%に近い状態に仕上げるつもりでココに臨みます。一番の目標レースで同じ100%に近いデキなら力量上位の馬が上位に来るのは自然な事で、例年堅い決着になるのは当然のレースですが、今年は少し様相が違います。皐月が終わっても明らかな力量上位の馬は見当たらず、全てのトライアルが終わってなお混戦状態。こんな年も珍しいので更に予想にも力が入ります。
こんな混戦模様になった一番の要因はこの世代の2歳馬がデビューする夏場の馬インフルエンザだと考えています。

一番注目している馬はクリスタルウィング
青葉賞2着で権利を取りました。青葉賞は予想も回顧もしていませんが、この馬の走りには興味が湧きました。このレースを勝ったのはアドマイヤコマンド。新馬を大差の圧勝、2戦目でいきなり重賞挑戦でNHKマイル覇者の2着。そして本番と同条件の青葉賞を勝ち、人気になるのは必至の馬です。
クリスタルウィングはダービーでこの馬を超えられる可能性を十分に持っていると感じています。青葉賞の直線での追い出してからストライドは雄大で力強く、この馬のスケールの大きさを感じます。内を抜けたアドマイヤコマンドと内と真ん中で離れていたせいかあまり前の馬を抜こうとする意識が感じられず、ゴール前明らかに気を抜いています。すぐ後ろからモンテクリスエスが来た事でゴール前やっともう一度まともに走り出しています。
こういう馬は次走パフォーマンスをかなり上げて来る事が期待出来ます。
どう見ても経験不足が露呈されたレースですが、直線真ん中を抜けて来て、残り200m辺りでの「エンジン点火」された脚はスケール感が大きく、荒削りながらダービー本番で更なる上昇カーブを期待したみたくなります。
カーブの曲がり方がまだ上手くないので現状では広い直線の長いコースが向くと思います。ダービー、菊花賞とその点は問題ありません。

問題なのはやはり経験不足。馬がまだ競馬というものが分っていないのでしょう。
この点については内田騎手が引き続き乗ってくれる事は助かります。しかもこの騎手は追える騎手ですし、経験値の高い騎手で何度もこのテの馬を任されてきたでしょうから馬に気を抜かせずに競馬に集中させて走らせるという意味では願っても無い事です。内田騎手はダートを主戦場にする地方競馬からJRAに転身して来ましたが芝の中長距離では巧く乗って結果を出しているイメージがあります。

ダービーはこの地点での完成度も強く求められるので、経験不足は割引ですが、前にも書きましたが馬インフルエンザで順調にデビューが迎えられなかったり、デビュー後一頓挫を強いられたのがこの世代の馬であり、今年は遅れて来た大物候補に期待するつもりです。
特に年明けデビューの馬。クリスタルウィング、モンテクリスエス、アドマイヤコマンド、ファビラスボーイが該当しますが、やはり人気を考えてもクリスタルウィングに魅力を感じます。モンテクリスエスも魅力ある馬ですが、デビュー後間隔を詰めてレースを使い過ぎていますし、厳しいレースになるダービーで余力という点で大きく割引です。その点クリスタルウィングは強気になれます。

もう一つ問題が。藤沢厩舎の馬であること。
日本屈指の名トレーナーの管理馬である訳ですが、かなり馬を大事に使ってきます。素質馬なら尚更です。この点平素から好感を持っていますが、ダービーでは他の調教師がダービーで(後後考えず?)目一杯仕上げてくるのに対して勝つという事に関しては少し不利になります。藤沢調教師はダービーは通過点の1レースでこのレースが「何が何でも!」ということはおそらく無いでしょう。

問題はありますが、やはりこの馬の走りは魅力があります。おそらくあまり人気にもならないのでは?!

他の馬ではレインボーペガサス


皐月賞の回顧で、

一番驚いたのがこの馬。安藤騎手もインでロスの無い競馬を選択しました。おそらく作戦としてはフィリーズレビューのベストオブミーの競馬。残念ながらベストポジションはタケミカヅチに取られその後ろに付く事に。枠順が逆ならチャンスでした。
この馬は軽視していましたが、きさらぎ賞の厳しい流れを勝ち切り、内で巧く立ち回ったとは言え、スローのこの流れでも後ろから差の無いところまで飛んできました。アグネスタキオンの成長力の裏付けも昨年つきましたし、今後注目すべき馬だと思っています。今後が楽しみな馬です。

と書きましたがダービーはチャンスがある馬だと思っています。皐月賞では上がりが最速で・・・・・ なんて事で人気になりそうな馬ではありますが。

ダービーは楽しみですが、ファンが馬券を買う事で成り立っていながら、その大事なお客に対して不明瞭な裁定をし、明確な説明をするという職責も果たさず、体質を変える気配もない、そんな胴元のJRAに1/4ほどものテラ銭を取られる事はしゃくではあります。

« オークスの回顧 ギャンブルが成り立つ為の本質 | トップページ | 金鯱賞の予想 »

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

タマルファイさん、お久しぶりです。
そしてコメントありがとうございます。

少し落ち着いたのでブログの閉鎖の理由と今後についてブログの方に書きました。

とりあえず夏まではブログの方を休止しようと思います。その代わりに僕が簡単に予想だけ書く新ブログを始めることにしました。良ければ遊びに来てください。

日本ダービーはスマイルジャックとタケミカヅチ、レインボーペガサスの3頭から勝負しようと思っています。

わざわざお知らせありがとうございます。スマイルジャックの人気の無さにはびっくりしています。土曜が雨で日曜は乾き始めるということになりそうですね。2006年、サムソンの時のダービーような馬場になるのでしょうか?早めに雨が上がって明日のダービーの頃にはしっかり乾いてる状態でのレースを希望します。
新ブログ「競馬の虫」楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/21245758

この記事へのトラックバック一覧です: 東京優駿(ダービー)の考察  クリスタルウイング:

« オークスの回顧 ギャンブルが成り立つ為の本質 | トップページ | 金鯱賞の予想 »