2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 新潟大賞典の回顧とNHKマイルの展望 | トップページ | NHKマイルカップの回顧 まさかあのような馬場状態になっているとは »

NHKマイルカップの予想

雨は止んで明るくなってきましたが、馬場の状態はどうなんでしょう?昨日かなり降っていたのであまり回復は見込めないのでは?東京の馬場でよくある内側から乾いてといった事は勘弁してもらいたい気持ちです。

逃げる馬はおそらくダンツキッスイ。この馬がペースを握る馬として結果を左右しそうです。萩Sは楽なペースで上がりは35秒台でまとめ連対。アーリントンCは大逃げの格好になりましたが、それ程飛ばした訳ではなく、他の馬が大事に構え過ぎた感があります。それでもこの馬の上がりは36秒台。そして前走のニュージーランドT、このレースはアーリントンCで大逃げ(見た目は)で結果が出た事で狙ったのかかなり速いペースで逃げました。結果は上がりが37.7秒もかかった惨敗。速めのペースで飛ばすとその分最後の失速の度合いが大きい馬と思っています。今回で4戦目の藤田騎手、おそらく速い逃げは打たないと考えています。
この世代の牡馬G1レースは共に逃げ馬が勝利していますが、他のジョッキーの心理からも3回続けては無いでしょう。

時計が掛かる事で安易に切れない馬が多く、難解なレースですが、買う馬は5頭に絞りました。下の馬場が悪いところに、レースなれしていない3歳馬、その多くが初めて経験する悪い馬場でのレース。コーナーでは大事に減速して回ると判断、ここでペースも落ち、マイルでの総合力は問われないレースと考えます。馬場の悪くない外を大きくスムーズに回って直線の伸びに繋げられる馬を買います。出来ればレースを見て馬場状態を判断してから予想を出したいところですが。

昨日名前を出したフェリダット
どちらかと言えば斬れを活かす馬が人気でこの馬場状態、母親が短距離馬のビリーブ、姿かたちも母親が色濃く出ていて母親の血を強く受け継いでいるのは間違いなさそう。この2点は不安要素ですが、前走を高く評価しています。1400mでいたが強い競馬で大きいところを狙える馬だとおもいました。昨日書きましたが、今回マイルでの底力を試されるようなレースにはならないと考えていますので、あと200mは何とかなると判断しました。マイルまでなら!道悪レースでのキングマンボ産駒、外枠で馬場の悪く無いところをスムーズにレースができそうな事も買える要素です。中間が少し太めだったようで馬体が増えているようなら評価下げの必要がある馬かもしれませんが。

その隣のエイシンフォワード
アーリントンCは逃げ馬に楽をさせ過ぎました。前走のニュージーランドTでは横山騎手の巧いレース運びにやられた2着。今回は東京で勿体ない取りこぼしはなく、長い直線でしっかりとした末脚を見せてくれる事を期待します。
この馬も外枠で馬場の悪くないところをスムーズにレースが出来るでしょう。まあ福永騎手も馬場のいいところを見つけてレースをするのが最も上手い騎手と思っていますので期待出来ます。一応本命予定だったアサクサダンディーに前走先着している馬ですし。

更にその隣のアポロドルチェ
上2頭と同じ理由でこの外枠は歓迎。只、溜めてもそれ程斬れないと思うので少し前での競馬が必要だと思います。2歳時に東京で強い強い馬相手に結果を出し、待望の東京替わり。最高の競馬で朝日杯を勝ちゴスホークケンをG1馬にしてあげたのに、不可解な乗り替わり!勝浦騎手の奮起にも期待してます。

ディープスカイ
この馬は素直に強いと思っています。2走前、3走前は出遅れで取りこぼし。普通に発馬出来れば好勝負でしょう。只、戦績からも悪い馬場で力を発揮できるかは疑問は残ります。

エイムアットビップ
この世代の牡馬と牝馬の力の差はあまり無いと思っています。この馬は牝馬戦線でトップに近い存在の馬。しかもフィリーズレビューは1番人気、熱発明けで馬体増で勝負にならず、桜花賞では復調が見られ悪い競馬ではありませんでした。そして今回のNHKマイル。現在・・・・15番人気???? 割れた人気ではありますが、人気が下がり過ぎのような。道悪はやってみないと分りませんし、1600mも少し長いのかもしれませんが、今回のレースはマイルでの総合力は問われないレースになると思っていますので、この馬は大いに買い!だと思っています。

以上、この5頭のボックスの馬券を買います。

« 新潟大賞典の回顧とNHKマイルの展望 | トップページ | NHKマイルカップの回顧 まさかあのような馬場状態になっているとは »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/20889604

この記事へのトラックバック一覧です: NHKマイルカップの予想:

« 新潟大賞典の回顧とNHKマイルの展望 | トップページ | NHKマイルカップの回顧 まさかあのような馬場状態になっているとは »