2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« NHKマイルカップの予想 | トップページ | 京王杯SCの予想 »

NHKマイルカップの回顧 まさかあのような馬場状態になっているとは

NHKマイルの回顧をします。
前日からあれだけ雨が降ったのにもかかわらず東京の馬場はレース時にはやや重。しかも荒れた内側の馬場を避けて先行馬が4コーナーを回ってくるレースに。毎度の事ですが、東京の馬場は乾き始めると排水施設の関係から内から乾いてくるので、内が伸びます。今回は内が相当荒れていたので、荒れた馬場の外側が一番伸びる馬場。そこのラインの乗せてきた馬が1~3着に!
芝のレースを1レースでも見てから馬券を買えればよかったのですが、外枠の差し馬からの馬券戦略は完全に裏目、というか買ってはいけないレースになってしまいました。
先行馬が内を避けて回る事で外の差し馬は通常よりも更に外を回されるます、更に、内に比べるとまだ湿った馬場。こうなると外の馬はどうしようのありません。
レース後に2着に入った後藤騎手が、
「馬場のいいところを通ったが、1頭だけ良のような感じで走っていました。」
とコメントしていますが、距離ロスのある外が伸びるならまだ分りますが、距離ロスの無い内が伸びる変則馬場でG1レースが行われる事が残念です。
当日レースを見ないで前もって馬券を買ったファンにとっては何とも言えないレースです。
こうなる事を予想する事も予想のうちですが、こんなに早く馬場が乾くとは・・・・。

愚痴はこのくらいににして、
押して行って先頭に立ったのはゴスホークケン。逃げると思われたダンツキッスイはその後に控える事に、あれだけ先手を主張されては速めに行ってしまうと最後の失速の度合いが大きい馬なので賢明な判断だったと思います。

勝ったディープスカイ
毎日杯は完勝でしたが、このレースも全くの完勝。この馬はやはり強い馬ですね。伸びるいいラインに乗せてきただけでは片付かない程の完勝。抜け出てくる脚は「1頭だけ良馬場の・・・・」といっていたブラックシェルの脚を軽く凌駕するもの。違う馬場状態でもおそらく勝っていたように思えました。四位騎手が後方から進路を内にとる事を決断、きれいに馬群を抜けて来たのも見事だったですし、またそれが出来る枠順でした。

2着はブラックシェル
1800m以上を使われてきましたが、マイル位がちょうど良さそうですね。今後もこの位の距離で活躍が見込める馬だと思います。只、今後更に大きく成長するかといわれれば、そうではない馬のような気がします。

4着ドリームシグナル
内の伸びる馬場の乗せた上位3頭を除けば、この3頭に大きく離されたとは言え、強い競馬。馬場差がなければと思わせる走りでした。朝日杯4着。シンザン記念1着とマイルで能力を見せながら、マイルより長い距離で負けた事で13番人気に。この馬から馬券を買っていた人はかなり悔しいレースだったのでは?吉田隼人騎手はあまり内にこだわる感じは無く、馬場の真ん中に進路を求めましたが、馬が前に入り外へ持ち出しました。馬場を考えれば良い枠でしたが、馬場がしっかり読めていればもう少し内にこだわったのでは?
彼はこのレースの前の芝3レースに乗っていましたが、これも今後に向けていい経験になったでしょう。
マイルの距離では3歳馬の中ではトップレベルの馬かもしれません。

5着本命にしたフェリダット
外外を回された上に、伸びる馬場とは無縁の一番外をしっかり走り掲示板に載りました。
能力は相当高そうです。武騎手はコメントで最後は止まりかけていたと言っていますが、通った馬場と距離ロスを考えれば十分好走でしょう。今後が楽しみな1頭です。今後も人気の1頭でしょうが、マイル以下の距離でまた本命を打つ事もあると思います。

「東京の馬場の乾きは早い」ということをしっかり頭に入れておきたいと思います。

全馬が力を出し切った前の週の天皇賞に比べると少し興を削がれるG1レースでしたが、しばらくG1レースのある週が続きます。いいレースを期待します。

« NHKマイルカップの予想 | トップページ | 京王杯SCの予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/20916192

この記事へのトラックバック一覧です: NHKマイルカップの回顧 まさかあのような馬場状態になっているとは:

« NHKマイルカップの予想 | トップページ | 京王杯SCの予想 »