2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 皐月賞予想 続き | トップページ | 土曜 開幕週競馬場メインレース予想 »

皐月賞回顧

皐月賞は先行するであろうとは思ったが、逃げるとは思っていなかったキャプテントゥーレが逃げ、そのまま押し切り勝利しました。川田騎手は嬉しい初G1タイトルとなりました。弱いと言われているこの世代のG1レースは朝日杯と共に逃げた馬が勝利するといった結果になりました。

このレースで意外だったのはマイネルチャールズが前目で競馬をしなかった事。この事がレースの流れを緩くして結果的に逃げ馬を勝たせる事になったと思います。裏をかえすと、対マイネルチャールズと考えていた馬が多く動き出しはマイネルチャールズが中心になっていた様に思えます。松岡騎手も弥生賞で繰り出した末脚が頭にあったのか4角前でもあまり積極的に進出する感じでも無く、結局楽に逃げられたキャプテントゥーレが4角を見事な脚で抜け、突き放してしまった為これをとらえる事が出来ませんでした。また、終始インでロス無く競馬を進めたタケミカヅチにも先着されました。
マイネルチャールズと差が無く最後突っ込んできたレインボーペガサスあたりもレースとして脚を余した感じもあり、せっかくの皐月賞ですが、レース全体としてスローなのに動き出しの遅い「凡レース」になってしまった印象があります。まぁそれもレースなのですが・・・・。

2008年皐月賞
   12.2-11.5-12.5-12.6-12.6-12.8-12.3-11.2-11.5-12.5
2008年弥生賞
   12.2-11.5-12.4-12.8-12.9-12.5-12.3-11.7-11.3-12.2
2006年皐月賞
   12.3-11.3-12.0-12.1-12.3-12.0-12.2-11.8-11.7-12.2

緩い流れだったトライアルの弥生賞とそれ程変わらない流れ。馬の底力が問われたレースでも無く、下の2006年のメイショウサムソンとドリームパスポートで決まった皐月賞と比べても真ん中のラップがかなり緩んでいます。2006年はこの2頭がその後のダービーでも活躍したのですが、今年の皐月賞はとてもダービーに繋がる質のレースでは無かった様に思えます。

各馬について。
1着キャプテントゥーレ
積極策が効を奏ししましたが、4角ではスローの流れらしく馬群が密集しかけましたが、楽をしたとは言えこの馬のコーナーを抜けて加速し後続を一気に引き離した脚はお見事。ココでの脚で勝負を決めてしまいました。この競馬をノットアローンがやればかなり面白いと思っていましたが、まさかキャプテントゥーレがやるとは!川田騎手は関西の騎手ですが、中山金杯のアドマイヤフジの時もそうですが、中山2000の勝ち方を分かっている騎手ですね。
デイリー杯2歳Sで完勝してからプラス6キロ、更に6キロと馬体を増やしていましたがこのレースで一気に絞ってきました。ここが勝負のレースだったのでしょうか。次のレースは割引が必要だと思います。

2着タケミカヅチ
終始インを回るロスがほとんど無い競馬しました。おそらくこのポジションは⑤番のレインボーペガサス@安藤勝騎手が一番取りたいポジションだったのでは?ココ2走1枠で結果を出していて枠順の利を活かしました。好騎乗が光りました。
タケミカヅチ自身は確実に力をつけている馬で地味には感じますが、この調子でクラシック戦線が続くなら今後も十分に好走可能な馬でしょう。

3着マイネルチャールズ
馬体を減らし続けての前走がかなり走っていたので、今回あたりはあやしく思っていましたが良く走っていました。前で競馬していれば勝ち負けになったと思います。次はいよいよ危ない気がします。ダービー、菊花賞と広いコースでのレースはこの馬には有利に働く事は何も無いでしょう。

4着レインボーペガサス
一番驚いたのがこの馬。安藤騎手もインでロスの無い競馬を選択しました。おそらく作戦としてはフィリーズレビューのベストオブミーの競馬。残念ながらベストポジションはタケミカヅチに取られその後ろに付く事に。枠順が逆ならチャンスでした。
この馬は軽視していましたが、きさらぎ賞の厳しい流れを勝ち切り、内で巧く立ち回ったとは言え、スローのこの流れでも後ろから差の無いところまで飛んできました。アグネスタキオンの成長力の裏付けも昨年つきましたし、今後注目すべき馬だと思っています。今後が楽しみな馬です。

5着レッツゴーキリシマ
穴馬として★印を打ちましたが、外枠でなければ馬券圏内のチャンスもあったと思います。15番人気は評価が下がり過ぎです。クラシックではチャンスはココだけだと思うので今後はどうするのでしょうか?

6着ブラックシェル
スローの差し馬だと思っていたのでもう少し上位に来ると思いましたが、6着。クロフネ産駒は早い時期は上位に来るが、他の産駒が力をつけてくるクラシックに時期になると相対的に着順が下がっています。クラシックは引き続きある程度の人気を背負って出てきてもらいたい馬です。

7着ノットアローン
逃げればチャンスのあるレースでした。

8着フサイチアソート
我が本命馬!只でさえ力の要る馬場で出走馬中一番馬体の軽い馬で懸念していましたが、更にマイナス16キロ!!何かあったのでしょうか?前走競馬をしていないので消耗は無いと思いますが。レースのインを回って理想的な位置での競馬でしたが、反応悪く見せ場無しでした。
東スポ杯の後、間を空けたのもタフな馬ではなかったから?と勘繰りたくなるような馬体減と負け方。馬体を戻してから心機一転頑張って欲しいです。

9着スマイルジャック
この馬は3着以内に高確率で入る馬だと思っていたのであの失速ぶりはよく分りません。マイナス10キロ。前走が走り過ぎたという事でしょうか??


更に混迷の度合いを深めた今年の皐月賞。上位馬は前に行ったか内目を通った馬ばかり、力の要る中山の馬場で内、外の馬場差がなければやはり内。外を回したら相当前が速くなって潰れない限り勝負にならないレースでした。これだけスローならもう少し自分から動いて勝ちに行く騎手がいてもいいのでは??と思ってしまうレースでした。

今年のクラシック、桜花賞、皐月賞と共に大外れ。早めに巻き返したいところです。

« 皐月賞予想 続き | トップページ | 土曜 開幕週競馬場メインレース予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ!ジョブ板営業担当の葵です。

今日は、ブログパーツを貼り付けるだけでおこずかいが貰えちゃう私たちのサービスを紹介に参りました(`・ω・´)
他のサービスと違って表示される度に収入Get出来るので、どんどん数字が上がっていきますYO!

しかもなんと、今だったら2000円無料贈呈です!登録するだけで2000円Getですよ!!
ぜひ1回来て見てね!

ジョブ板http://jobbang.com

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/20452625

この記事へのトラックバック一覧です: 皐月賞回顧:

« 皐月賞予想 続き | トップページ | 土曜 開幕週競馬場メインレース予想 »