2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 桜花賞回顧 どう回顧すればいいやら・・・・ | トップページ | 皐月賞予想 »

皐月賞展望

いよいよ皐月賞ですね。
3歳牡馬は皐月賞辺りが仕上がりが早い事を武器に良い戦績を残してきた早熟傾向の馬と今後のクラシックの主役を張るべく台頭してきた馬の力関係が入れ替わる時期だと思っています。
後のG1で好勝負するような馬と下級条件で頭打ちになる馬が同じ皐月賞という晴れの舞台で走ります。玉石混淆の状態で「玉」か「石」かは終わってみなくては分りません。人気は大体これまでのレースを見て決まるので人気の無い「玉」が隠れているかもしれません。この「玉」を見つけるのが難しく、また、楽しみでもあるのが皐月賞ですね。
皐月賞まではある程度評価されていた馬なのに、皐月賞以後パッタリと振るわなくなる馬も少なくはありません。
皐月賞はこれまでの実績に騙されず、皐月賞から上昇カーブを描くような馬を買う事で「玉」に近づきたいと毎年考えています。
今年はちょっと特殊で、昨年の夏に馬インフルエンザ起きた事でこの時期にほとんどの馬が一頓挫あった訳で、特に2歳新馬への影響は大きかったと思っています。この2歳馬のデビューや調教の遅れから「真打」の登場はダービー辺りで、「前座」(早熟傾向の実績馬)でも十分に皐月賞で活躍してしまうかな?とも考えています。

もうオッズが出てますね。
1番人気 ショウナンアルバ
おそらく最終的に1番人気にはならないでしょう。この馬は力量的には現時点では最上位。気性的に問題があり、今の段階では小回りコースも合わない気がします。スプリングSで勝ったスマイルジャックと共に前に行きましたが、1コーナーでロス無く進入するスマイルに比べてせっかく前に行ったのに制御がつかず随分大回りをしてコーナーを回りました。
力は最上位でも競争馬として錬度が不足していて、更に人気になっている馬を買いたいとは思いません。

2番人気 マイネルチャールズ
「マイネル」を冠するから早熟傾向とはいくらなんでも早計すぎますが、仕上がり的にも前走にピークになっていた気がします。馬体重もレースごとに減っていますし、直線では凄い脚を使っていました。道中緩んで、終いに凄い脚を使って勝つというレースがどれほど皐月賞に直結しないかは今までの歴史が語っています。(ディープインパクトやアグネスタキオンほど強ければ話は別ですが・・・・)
しかしながら、この馬はブライアンズタイム産駒。皐月賞にありがちな持続ラップの底力比べには相当強い。
これはどうでもいい事ですが、「マイネル」を冠する馬はかなりの数皐月賞に出走していますが、4着5着はありますが、何かに魅入られたかのように毎年馬券圏内を外しています。チャールズが皐月賞で初めて馬券になった「マイネル」馬になるのか?

3番人気 ブラックシェル
この馬はペースのかなり緩いレースで最後速い上がりを使うことで強さを示してきた馬。いかにもトライアル向きの馬。「緩いペースでの差し馬」。唯一ペースの緩まなかった、きさらぎ賞で差し込んで来れなかった事でこの考えを強くしました。
前走はG2だけあって、今までのレースほどは緩まない流れを中団から差して2着と結果を出し、成長が見られますが、流れ締まるG1のレースでは不要かと。
逆に言えば、緩い流れの皐月賞になればかなり好走の確率は高いと思います。そうならないと考えてますのでやはり買いません。

以上人気上位3頭はあてにならない気がします。残りの馬は次回。

« 桜花賞回顧 どう回顧すればいいやら・・・・ | トップページ | 皐月賞予想 »

ギャンブル」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/20370398

この記事へのトラックバック一覧です: 皐月賞展望:

« 桜花賞回顧 どう回顧すればいいやら・・・・ | トップページ | 皐月賞予想 »