2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 高松宮記念の回顧など | トップページ | 大阪杯の回顧 競馬の型を持っている馬は強い、その型を崩した馬は・・・・ »

ダービー卿CTの予想

阪神では大阪杯がありますが、中山のダービー卿CTの方の馬券を買うことにします。

1番人気はオーシャンエイプスの様ですが、緩い流れを瞬発力で勝ってきたこの馬はいらないと思ってます。途中12秒を超えるラップが入らないと全く勝負にならないと見ています。このレースはまず途中に12秒台のラップを挟むような緩いレースにはなりません!今の中山の重賞レベルのレースで下級条件を33秒台の上がりを使って勝ち上がってきた馬などとても買う気にはなれません。しかも斤量増で。きっぱりの切りです。

本命はキングストレイル
3番人気ですか。ダービー卿CTでは57キロ以上の斤量の馬がよく飛びますが、この重賞はG1レースで馬券圏内を賑わすような馬は出てきません。最近では復活を遂げたダイワメジャーくらいでしょうか?この馬はマイルではかなり強い馬だと思ってます。G1でも上位の馬でしょう。また中山に限っては特に強く、距離の短いスプリンターSでも前の止まり方によってはあわやのレースでした。藤沢厩舎にありがちな関西圏のレースではイマイチでも関東(中山)では強いというタイプでもあります。外枠にならなかった事も幸いで4角から進出、押し切りのレースがし易いのでは?馬の力量、中山マイル適性、ハンデ重賞の勝治騎手などから、58キロの斤量には目を瞑ります。馬格もあるので問題はなさそうです。
3着以内にはかなりの確率で入れると見ています。後ろからの競馬にならない事を願います。

対抗はカンファーベスト
9歳馬で人気も無いようですが、この馬も中山マイルに合っている馬だと思います。京成杯AHで2年続けて2着に来ていますが、この時もそれぞれ内枠でした。力もそれ程衰えてるとは思えませんし、中山マイルのG3あたりで買う馬だと思います。この馬の経験が活かされるレースになるのでは?昨秋の京成杯AHの再現になれば一番良いのですが。

▲はシンボリグラン
この馬は1400を主として使っているが、マイルに適性がある馬だと思っています。マイル戦では、マイルCSでダイワメジャー、ダンスインザムードの3着はかなり立派。速いタイムで決着した関屋記念で1,3着馬がかなり後ろから差し込んだ馬に対してこの馬は前目で粘って2着に残しました。これもかなり立派。最近ではキャピタルSで4着に敗れていますが、オープンレースにしては、1~3着に入った馬は強い馬で悲観するほどではありません。
中山は昔のレースも含め4戦して全て馬券圏内。中山マイルは初めてですが、もしかすると中山マイルが最も合う可能性もあります。その通りなら単まで!
阪急杯では随分後ろからのレースになってしまいましたが、あまり後ろからのレースにならない事を願います。柴山騎手もハンデ重賞を騎手の腕で馬をよく持って来る印象があります。このレースでも人気薄を何とか!中山牝馬Sの◎ヤマニンメルベイユと同じ馬番ですね!!

4番手がマルカシェンク
ここまで評価を落とす必要もない気がするのですが、長期休養明けのニューイヤーSで◎を打ったようにこの馬のマイル適性はかなり評価しています。順調に使われて、マイル路線を歩んでいたならマイル路線でもトップの方にいた馬だと思っています。
ニューイヤーSは逃げたこの馬にとって少し楽なレースでしたし、メンバーも弱かった、そして55キロ。この時とは違う流れのレースになると思います。応援している馬なので頑張ってもらいたいのですが、勝ちまでは厳しいと思います。

馬券は⑧キングストレイルを軸馬に④カンファーベスト、⑨シンボリグランの2頭を副軸としてそれぞれ3連複を軽く流します。⑬マルカシェンクのトコロを厚めに。

せっかくのハンデ重賞なのに印を打ったのは全て57キロ以上の馬になりました。軽量の馬には魅力的な馬が見出せませんでした。昨日の◎スパインは行き脚悪く、ズルズル下がってビリと悪い流れなので嫌な感じが・・・・・

« 高松宮記念の回顧など | トップページ | 大阪杯の回顧 競馬の型を持っている馬は強い、その型を崩した馬は・・・・ »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

いきなり失礼します。
関係者からのタレコミによるサイトです。
是非、見に来てください。損はさせません。
http://56.xmbs.jp/keiba1919/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/12351523

この記事へのトラックバック一覧です: ダービー卿CTの予想:

« 高松宮記念の回顧など | トップページ | 大阪杯の回顧 競馬の型を持っている馬は強い、その型を崩した馬は・・・・ »