2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 弥生賞の予想 | トップページ | フィリーズレビューの予想 »

中山牝馬Sの予想 穴を狙うレースでしょう

人気になっているのは、ニシノマナムスメレインダンスキストゥヘブンコスモマーベラス
ニシノマナムスメは1番人気も納得の馬ですが、今の中山ではどうでしょう?斤量も今まで背負った事の無いものですし、上がり33秒台で勝ってきた強みを活かすというレースでも無いでしょう。
レインダンスは力は最上位かもしれませんが、この馬も背負った事の無い斤量、順調に使われて来てのレースでもありませんし、中山1800でダンス産駒の馬はあまり買いたくもありません。状態についても疑問です。
キストゥヘブン、コスモマーベラスはトップハンデ。前者は同条件のフラワーカップを非常に強い勝ち方をしているのでココでもチャンスはあると思いますが、2走前同じ56.5キロを背負って惨敗している事は気になります。馬格が無い馬だけに斤量泣きという事も?後者はトップハンデ以外にも引退レース(?)、大外枠の後藤騎手と外外を回っての早仕掛けで坂で失速という事がありそうな気がします。

前置きが長くなりましたが、本命は⑨ヤマニンメルベイユ
白富士Sでギリギリ3着に粘ってくれてお世話になりましたが、今回の条件の方が更に好走確率は高いと思っています。外差しで無い、時計の掛かる馬場というのもこの馬向きです。シェルズレイの存在が気になるところですが、シェルズレイは難しい気性の上に、初の関東遠征。勝手に潰れてくれると思うので、あまり気にせず、自分のペースでこの馬のスタイルである先行からの粘りこみを図ってもらいたいです。また3着になるのか?

対抗は①アルコセニョーラ
見事に最内枠を引いてくれました。本格化してからのこの馬の好走は馬番で4番より内に限られます。中山コースをおそらく一番よく知っている柴田善臣騎手をいうのも絶好です。柴田騎手は最近地味に良い騎乗をしていると思います。昨日もアネモネSで最内枠の人気薄を3着に持って来てますし、後方脚質の馬ですが、スタートの巧い騎手ですし、中団辺りの内側をベッタリ距離ロス無くレースを進めてくれる事を期待しています。中舘騎手でさえ後方から勝ち負けに持ってきているので後ろでも問題無いとは思いますが・・・
内側を徐々に進出し4角を上手く抜け出せれば勝ちも十分にある馬だと思っています。
紫苑Sも2番枠から勝っていますし中山も問題ありません。力は間違いなくある馬で2走前に福島記念を勝っている立派な重賞ウィナーでありながら、現在12番人気とあまりに軽く見られていますし、ココは狙うべき馬だと思います。

▲⑮イクスキューズ
3歳時にクイーンカップを圧勝し、桜花賞でも掲示板確保。その後NHKマイルで惨敗しました。その後、地味な舞台で順調に結果を出し、4歳になった今年は更なる成長が期待される馬です。大事に育てられている感じがします。この馬も高速馬場より少し時計の掛かるような今の馬場が向いている馬でしょう。2走前のクイーンSでは勝ったアサヒライジングが強すぎただけで、この馬の走りも中々のモノでした。この位走れば今回のレースでは十分に勝ち負けだと思います。

« 弥生賞の予想 | トップページ | フィリーズレビューの予想 »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弥生賞の予想 | トップページ | フィリーズレビューの予想 »