2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« スプリングSの予想 | トップページ | 土曜中山メイン日経賞の予想の前に・・・ »

高松宮記念の展望

今週末高松宮記念も行われますし、いよいよ春競馬という実感が湧きます。桜もちらほら咲き始め、新緑の芽が出ている木も目にしました。この後の桜~新緑へと続く時期の短期間の変化は劇的で植物の生命の爆発力を感じます。

高松宮でも最後の決定的な爆発力のある馬を本命にしようと思っていました。マイルでも能力の高さでカバーしていましたが、どうやら1200mがベストのようなシルクロードSでも本命を打ったファイングレイン
ココ2戦安定した爆発力のある末脚で1200を連勝。高松宮は平坦コースで1200のスプリントのG1レース。まず前傾のラップになるのは間違いないレースです。あのデュランダルの脅威の末脚でも差し切れなかったレースなので、大外を回したら無理ですが、立ち回り一つで十分勝負になり、1200に明らかに適性があり、馬場が少しくらい悪くても安定して繰り出せる34秒を切れる末脚はやはり魅力十分で・・・・・・

と理由付けして本命にしようと前から考えていましたが、先週の日曜、中京の10Rと11R。500万条件で1分8秒前半、1600万で1分7秒8。
ちょっと速いタイムが出すぎてます。近年にない速いタイムでの決着になる可能性が十分にあります。そこでファイングレイン。持ち時計が無い上に、後方脚質、時計の掛かる馬場を他の馬が苦にする中、この馬はあまり苦にせず速い上がりを繰り出す事で連勝してココに臨む馬・・・・・ 本命にしては、と言うか、買ってはいけない馬のような気がします。

本命選びからやり直しです。本当に1分7秒半ば位のタイムが出るようなら、後方脚質でない「生粋のスプリンター」と思える馬の中から本命馬を選びたいと思います。
スズカフェニックス、スーパーホーネット、キンシャサノキセキ辺りが上位人気だと思われますが、彼らは短距離馬としての能力は勿論一流ですが、「生粋のスプリンター」ではなく、1分8秒前後時計の掛かるレースの中で、持ち合わせたスピード能力と短距離馬としての質の良いスタミナで差し込んで来れる馬だと思っています
今回のメンバーはかなり小粒だと思っていますが、やはりG1。速い馬場なら1分7秒半ば近いタイムでスプリンターで無い有力馬より前でゴール出来る「生粋のスプリンター」がいると考え、日曜までに結論を出したいと思っています。

極限の時計勝負のスプリントレースはスプリンターが勝たなくては!1400、1600と1200は質が違います。近年スプリンターとしてのスターホースが不在ですが、極限の時計勝負の1200のG1レースでマイラータイプの馬が勝つようなら、今後スプリンターを目指して配合することの意義すら危うくなってしまう気がします
本当ならココで勝つのが「生粋のスプリンター」サンアディユだったのかなー?
とにかく、雨の影響の無く、極限の時計勝負の高松宮杯が見てみたいです。

.

« スプリングSの予想 | トップページ | 土曜中山メイン日経賞の予想の前に・・・ »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スプリングSの予想 | トップページ | 土曜中山メイン日経賞の予想の前に・・・ »