2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 今年のJRA最初のG1レース予想 もうG1で2着はいらない! | トップページ | 阪急杯、中山記念の予想 »

明日の重賞予想 本命馬

またまた一週間ぶりの更新になります。
明日は中山記念阪急杯が行われます。前日オッズが無いので人気の程は判りませんが、両方とも力の割にはそれ程人気にならないのでは?という馬を本命にしようかな?と考えています。とりあえず、中山記念の本命馬だけ。

中山記念。
本命はコンゴウリキシオー
この馬はかなり好みの馬です。マイルCSに出ていれば間違いなく本命にしていました。年末の海外レースを負けて帰ってきた後のレースになります。状態も万全とまではなっていない様ですが走る気持ちさえしっかりしていれば勝負になると考えます。
この馬はマイラー、1800mも十分に対応出来るマイラーと考えています。持ち前のスピードでレースを引っ張り、後続に道中脚を使わせ押し切るといったタイプの馬です。
連を外したレースでは、近走から順に、毎日王冠はいくら何でもペースが速すぎます、中京記念、小倉記念では小回りコースで早くレースが動き出す質のレースになり、逃げ馬(実質逃げ馬)のこの馬にはキツイ展開、また、2000mの距離も少しこの馬にとって長い。
新潟大賞典は速い新潟の芝にしては途中に緩みを入れてしまい、結局瞬発力を問われるレースにしてしまい、それを武器とする馬達に先着を許してしまう事になった。
こんな具合に連を外したレースを考えています。1600、1800mのレースに出る限りは常に買いたい馬であります。
中山記念は力のあるレースを引っ張る馬が残り易いレースだと思います。海外帰りで、調教でも舌を越していたなど不安点はありますが、力のある馬が人気を落とすだけの要素としてプラスに考えます。

今週もレース回顧をしませんでしたが、混沌としている今年のクラシックで、クイーンカップを勝ったリトルアマポーラはなかなかの強さを示してくれたと思っています。桜花賞では可能性の高い一頭しょう。
この馬が牝馬重賞とはいえ圧勝してくれた事によって、この馬が4着だった京成杯はある程度レベルの高いレースだったと考えて良いでしょう。
京成杯の回顧の時に書きましたが、この時3着だったアイティートップはこのレースで勝ったマイネルチャールズを内に閉じ込める為に、4角で外を回しながら一気に脚を使った馬で、結局マイネルチャールズには内に進路を見つけ、勝たれてしまう訳ですが、それでもクビ、クビ差ですし、マイネルチャールズより評価しています。このレースがまだ3戦目ということも大きく評価しています。この馬の課題はもう少し前で競馬を出来る様になる事でしょう。
難しい今年のクラシックですが、皐月賞候補は私の中ではこの馬です!

« 今年のJRA最初のG1レース予想 もうG1で2着はいらない! | トップページ | 阪急杯、中山記念の予想 »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年のJRA最初のG1レース予想 もうG1で2着はいらない! | トップページ | 阪急杯、中山記念の予想 »