2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 今週のそれぞれ3重賞について | トップページ | 簡単に京都牝馬Sの予想 »

土曜メイン 東京新聞杯の予想

東京の開幕週に行われる東京新聞杯。開幕週だけに前で競馬する馬が馬券に多く絡んでいるかと思いましたが、過去のこのレースを見ると後ろから来る馬がかなり馬券に絡んでいますね。

人気になりそうなのは、エイシンデュピティーかカンパニー辺りでしょうか?
エイシンデュピティーはやんわりと最後の脚を残す程度に逃げて、取って置いた瞬発力で後続を封じるというレースが理想か?一見東京コースこその馬のような気がしますが、毎日王冠、天皇賞秋と東京コースで厳しい流れになったレースで踏ん張れず惨敗しました。その前のエプソムCは勝ちましたがレースレベルは疑問で、更にやや重の時計の掛かる馬場がフレンチデュピティー産駒のこの馬にとって有利な条件になった気がします。東京コースは長い直線で目標になる上に登り坂も加わるので京都の様に何とか踏ん張りきるのは難しいのでは?と考えています。人気になりそうなので買いません。
今回はスムーズにこの馬の型のレース持ち込む事に対してまわりの騎手は警戒してくるでしょう。岩田騎手は東京でどんな乗り方をするのでしょうか?

カンパニーは昨年秋の3戦はどれも素晴らしい走りでした。勝った関屋記念では完全に1頭だけ別次元の脚を使っていました。極限の末脚を持つ馬だけに好調期間を長く保つのは難しいと思ってます。前3戦はどれも負担の掛かるレースでした。G1シーズンも終わり正月休みも挟み、厳寒期のこの時期のこのレースに勝ち負けできる状態に仕上げてくるのでしょうか?馬自身のモチベーションも含め、大いに疑問です。

水曜に書いた様に、本命はローレルゲレイロ!
とするはずでしたが、エイシンデュピティーが目標にされ、踏ん張り切れずにコケるレースを想定していますので、ローレルゲレイロは踏ん張り切れる馬として評価していますが、単の魅力に乏しく、単の魅力のある馬はこのようなレースになった場合は後ろの馬という事で予想します。

本命はカネトシツヨシオー
3走前の1600万のレースは勝ちタイムも優秀ですし、強かったと思います。金杯では勝負がついた後に3着に突っ込んできた印象がありますが、これは勝ったエイシンデュピティー@岩田騎手が前で巧くコントロールしたレースだったので、2着がアドマイヤオーラという事と併せてかなりの評価をして良いレースだと考えています。
巧くレースをコントロールされた事と平坦の京都であった事で勝ち馬に0.1秒差で負けましたが、東京に変わり、斤量も2キロ差のままとはいえ57→58キロと55→56キロでは1キロ増の意味合いが違います。
少なくとも人気になるであろうエイシンデュピティーには負けないんじゃないかな?と勝手に考えています。
この馬は3走前までマイルという距離を使われずに来ましたが、この馬のマイル適性はかなり高いのではないかと期待しています

対抗はジョリーダンス
前で競馬しない馬である事と、東京マイルの適性がかなり高いであろう事から対抗評価にします。去年の安田記念はこの地点の日本のマイルでは一番能力の高い2頭が1,2着になったと思っていますので、この3着は離されたとはいえ評価しています。
ヴィクトリアMは前残りのレースを1頭だけ後ろから来て0.3秒差の5着。これも評価して良いと思います。
斤量の55キロも問題ありませんし、寒い時期に好走歴があるのも好材料です。

3番手にようやくローレルゲレイロ
この馬の事は前のエントリーで書いたので短めに、復調していればゴール前での踏ん張りはかなり利くと思います。しかし、今回のレースでは好走しても2,3着が有力という事でここまで評価を下げる事に。
今まで惨敗続きの馬にしては随分人気を集めそうなのも買う側としては不満です。

大穴にフジサイレンス
力はさすがに衰えていると思いますが、他の馬がこの時期完調でレースを迎えるのが難しい分、この馬は厳寒期であるこの時期に好走する特殊な馬。 鞍上には久しぶりに大穴ジョッキーである「あの人」が戻って来ています。



.

« 今週のそれぞれ3重賞について | トップページ | 簡単に京都牝馬Sの予想 »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週のそれぞれ3重賞について | トップページ | 簡単に京都牝馬Sの予想 »