2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

今年のJRA最初のG1レース予想 もうG1で2着はいらない!

あまり検討していませんが、あまり荒れる感じはしません。昨年のジャパンカップダートの1,2着馬の力が抜けているような気がします。2000m位のレースではこの2頭の一騎打ちだと思いますが、今回はマイルという距離が1番の問題だと思います。

本命はフィールドルージュ
明けて6歳になりましたが、明らかに力をつけ、競走馬としてのピークを迎えたと考えています。JCダートでは3連単2,3着付けの副軸の馬として買うつもりでしたが、直前で後方からの位置取りを嫌い、ワイルドワンダーと入れ替えて痛い目をみました。
それにしても、速いペースで流れたレースを中団後方から勝負所での進出ぶりは迫力満点で明らかにパワーアップしています。インを捌けるという事は大きな武器であり、今回内枠を引けた事もこの馬に風が吹いている気がします。
マイルG1の流れにあまり後方にならずに乗れれば、内を捌き突き抜けるのではないかと期待しています。去年から横山典騎手になりましたが、かなり手の内に入れている気がします。JRAのG1でもう2着は欲しくないでしょう。ここでシルバーコレクター返上です!!!

対抗はドラゴンファイアー
ここ2走の凡走ぶりからもっと人気を下げると思っていました。この馬は他の有力馬に比べるとマイルという条件では強く押せるはずです。前走のように出負けせず、中団に付けられれば最後にこの馬の持つ決め手で勝ち負けに持ち込めるのでは?
今回から安藤騎手になりますが、この馬には合う騎手だと思います。冷静に状況判断しながらこの馬の決め手を一番活かせる絶妙なタイミングで仕掛けてくれる事を願います。
気持ちで走る馬だと思っていますので、気持ちが切れていないといいのですが・・・・
調教も良かったですし、一変を期待します。スタートの良し悪しが全てを決めると思います。

3番手はロングプライド
平安Sは酷い競馬でした。とても上位には来れないはずのレースでしたが、よく僅差の4着まで来たものだと感心しました。平安Sの中では力量という意味では一番だったと思います。逆に見ると随分馬に負担のかかるレースをしてしまった事も事実で、こういう馬は本番ではいつも買わないのですが、レース数も少ないまだ4歳と若い馬という事で今回のレースでは期待する事にします。
平安Sでの酷い騎乗をされながらの4着は見所があり、成長した跡がみれますし、マイルも合うと思います。真ん中の枠ですが、ペリエならスタート後なるべく内に馬を入れて来ると思います。巧く乗れればチャンスはあると思います。

4番手には1番人気ヴァーミリアンになります。
世間ではマイルという距離が不安視されていますが、マイルという距離自体はそれほど問題無いと思います。問題はスタートが巧くない事とイマイチその後の行き脚がつかない事。そして8枠を引いてしまった事。間違いなく力はあるので、最後突っ込んで来ると思いますが、1着になるか2,3,4,5着になるかは、流れ、何処を捌いて進出してくるか?によると思います。そんな訳で少なくともフィールドルージュよりは評価したくない馬です。
武騎手がジャパンカップのメイショウサムソンの様に外を回しての横綱相撲を試みると危ないのではないでしょうか?

買いたい馬はこの4頭です。
あと1頭、ブルーコンコルドはピークを少し過ぎている気がしますが、ダートのマイルという条件ではやはり強い馬なので買い目に入れた方がいいかな?とまだ迷っています。

ワイルドワンダーはマイルは最も合うと思い、当初は真ん中より内の枠を引ければ重い印の予定でしたが、最外枠を引いた事で無印にします。G1レベルではこの枠を引いてしまっては相当巧く乗らないと厳しいと思います。G1レベルのレースではコースロスを無くし、前に馬を置いてのレースをしないと厳しいと思ってます。

京都記念のレース予想

またレース回顧も出来ないまま週末になってしまいました。
明日の京都メイン京都記念(G2)の予想をします。

◎④トウショウナイト
○⑯ウォッカ
▲⑭アドマイヤフジ
△⑩アドマイヤオーラ
△⑮トウカイトリック
△⑬ダークメッセージ

本命は④トウショウナイト
AJCCの回顧で今年の冬場の力の要る馬場でのレースがこの馬にとって最後の好走可能な舞台になると思います。と書きましたが、このレースで狙います。
今回のメンバーを見るとスターホースも何頭か出走し、豪華メンバーでのレースという気がします。
このメンバーに入ってもトウショウナイトが十分に買える要素は、
「冬場にこそ走る馬である事!」
なぜこの馬が冬場に走るのか?
理由は馬場が荒れて力の要る馬場になる為、時計の勝負にはならず、スピード負けのレースにならない事、馬場がパワー型のこの馬に向く事。(雪が多かった今年の馬場は例年以上に荒れ方が酷いと思います。)
他の馬がこの時期を苦にして体が硬くなっていたり、スターホースであるがゆえにこの時期のレースに万全の状態で臨まない事などから相対的に浮上し好走に繋がる事
毎年冬場のレースに出走し結果を出しているので、この馬の関係者もこの馬に関してのこの時期の調整方法を熟知している事!そして、おそらく、冬場のレースこそ!と狙ってレースに出してきている事!
そして、ただ純粋に冬場に力を発揮出来る馬である事?!



今回の京都記念も相対的に浮上し得るレースと考えています。それに加え、前走でやっと馬体が絞れ、走れる状態になった事。そして、この馬が連続好走可能なタイプの馬である事!明けて7歳になりましたが、冬場に体を作るという経験があるという事で年齢を重ねた事はプラスであると考えます。

人気の一角になるであろうドリームパスポートは力量と馬場の状態を考えれば、ウォッカ、アドマイヤオーラより上に評価したい馬ですが、前走を見る限り、もう少し時間が掛かると見て、敢えて無印にします。
差し馬が多いこのレースで穴馬として、逃げる事を前提にシルクフェイマスを取り上げたいと考えていましたが、先週あまりに外差しの馬場の馬場になっている事を考慮し、こちらも無印にしました。

きさらぎ賞予想やり直し

京都の天気が悪くならないかもしれないので予想のやり直しです。
昨日の◎○が2,1番人気とウマミもないですし。馬場がもつ事でこの2頭のアドバンテージは減ると考えます。

本命は⑧ナムラクレセント
この馬の未勝利戦の映像を見ましたが、この馬はかなりの能力を持っている可能性があります。圧勝でしたが、まだレースで全てを出していない感じがしました。小倉の勝ち上がりなのでパッとしない印象ですが、馬の才能自体は光るモノがあると思います。
今回のレースは例年に比べ、レベルは高く無いと感じていますが、評価を受けている馬はそれなりに実力上位でしょう。しかしながら、その馬達を一気に打ち負かすとしたらナムラクレセントだと思います。3戦目での上昇度が大きければ突き抜けても不思議はないと期待しています。

○⑪レッツゴーキリシマ
▲②ブラックシェル  
の2頭はそのまま一つずつズレて、
以下

△⑬アルカザン
△⑭ダイシンプラン
△⑩ヤマニンキングリー
注⑨マッキーバッハ

まで買い目に入れます。

ダイヤモンドS

AJCCでレースぶりを一番高く評価していたブラックアルタイルは次のレースで必ず重い印を打とうと考えてました。ココでも本命にしようかと思いましたが、AJCCではずっと外を回して4コーナーで外を勢い良く加速し、最後までしぶとく伸びた為高く評価したのですが、かなり馬に負担がかかったのも事実です。他のレースならともかく、AJCCから3週後と間を空けずに3400mの長距離重賞ではAJCCで負担がかかった分不安の方が大きいと考えます。残念です。

1番人気のアドマイヤモナークは安藤騎手が乗りに来ていますし、天皇賞もこの馬で!と考えているのでしょうか?

このレースは馬券は買いません。
もし買うなら、横山騎手の手腕に期待してミストラルクルーズ。ダンスインザダーク産駒の2頭、アドマイヤモナーク、穴馬としてレーザーズエッジ。
こんな感じだと思います。

簡単にきさらぎ賞の予想

今週も書き込みが出来ずに一週間ぶりの更新になります。
きさらぎ賞はクラシックに向けて注目すべきレースですが、京都競馬場はまた雪が降るそうですね。こんなに続けて雪の影響が出る年は珍しい気がします。

きさらぎ賞は開催自体が危ぶまれると思いますので簡単に。雪の降る馬場の悪い中、日曜に開催される想定で予想します。

本命はレッツゴーキリシマ
馬場が悪くなる事でこの馬が一番恩恵を受けるだろうとと思い本命にします。今年のクラシックは混沌としており、スターホースの誕生が期待されますが、どうもインパクトのある馬は出ておらず、ココでは重賞の実績馬としてこの馬に期待します。
斬れる脚が無い為、地味な印象のある馬ですが、地力は確かです。京王杯2歳Sはやや重の馬場の中、前で粘って3着は強かったですし、朝日杯も前残りのレース、経済コースを通っての2着とはいえ、かなりの地力が無くては出来ないレースでした。
朝日杯ではギリギリ2着に粘ってくれた事でかなりお世話になりましたが、調子も良さそうですし、もう1丁を期待します。1800mの距離も初めてですが、十分こなせると思ってます。

対抗はブラックシェル
多分1番人気でしょうね。しかしながら毎回(相手が強くなっても)しっかり斬れる脚を繰り出せる馬に武豊騎手が乗って京都の外回りの1800mの舞台のレースとなると、あまり文句をつける要素は無いと思ってます。
年末の時計の掛かる馬場でしかもやや重だったホープフルSでも上がり最速で後の重賞勝ち馬の2着は今回のレースでも評価出来る事だと思います。
ディープインパクト以来3歳クラシックでいい所の無い武騎手ですが、今年の混沌としたクラシック戦線にこの馬で名乗りをあげたいところでしょう。特にサダムイダテンをベタ褒めしてこの馬を蹴った安藤騎手に対して(アドマイヤモナークを乗りに東京に行ってますが)目にモノみせてやる!と思っているはずですし?

この2頭の馬単表裏と2頭から軽く3連複を流します。

シルクロードSの予想と熱くなった東京メイン白富士ステークス

今日はリアルタイムで土曜競馬をテレビ観戦していましたが、東京メインの白富士Sはエキサイトしました!

12.9 - 11.9 - 11.7 - 12.0 - 12.4 - 12.7 - 12.0 - 11.4 - 11.2 - 12.4

◎グラスボンバー
○ヨイチサウス
▲トーホウアラン
△ヤマニンメルベイユ

の4頭の馬券でしたが、◎と○から馬連。人気の無い○からワイド。それと3連複ボックスの馬券を買っていました。
レースは予想通りすんなりヨイチサウスが単騎逃げとなり、ヤマニンメルベイユがこれに続き、期待が高まります。道中ラップが緩んだように見え、「これは直線で斬れる馬にやられるかな?」と覚悟しましたが、意外にも上のラップの通り息を入れた後、直線で斬れる脚を見せて圧勝!今まで好走したレースでは、道中のラップを締め、最後の踏ん張り合いで粘りきるといったスタイルでしたが、こんなレースも出来るんですね。
熱かったのは2番手争い。予想をアップした時は、ヨイチサウスは後ろから3番目の人気でしたが、最終的にはブービー人気。△のヤマニンメルベイユはビリ人気!直線ではヤマニンメルベイユの手応えが良く、ピサノパテックと併せ馬になった後グッと一瞬伸び、これは夢の「ブービー人気×ビリ人気馬券」か?!と思いエキサイトしましたが、ゴール地点でピサノに僅かながら差されたのは判りました。
見た目には3着は確保出来たと思っていたのですが、長い写真判定の後、後方からきたオースミグラスワンと同着で3着との結果が出ました。配当は減りましたが、「ブービー人気×ビリ人気」が馬券になったのでホッとしました。

東京の中距離で途中緩まないラップを刻んだ上に粘り込める。これはかなりの武器だと思います。この馬がこの様なレースで粘り込むとオープンレース常連のような中途半端な底力、斬れ味のサンデー系の馬は上位に来ないでしょう。

と予想で書きましたが、恥ずかしながら、見事に「オープンレース常連のような中途半端な底力、斬れ味のサンデー系の馬」に馬券を割られてしまいました。言い訳をするなら、今までのように締まった流れを作っていたら相手は変わっていたかなーなんて思っています。
ヤマニンメルベイユは
来ても3着の様な気がしますが、
と書きましたが、やっぱり3着でした・・・・ 力はありますが、やはり詰めの甘いトコロがある馬なので今後も頭に付けない形で馬券を買いたいと思っています。

グラスボンバーはもう少しやれても、と思いますが・・・ トーホウアランは次にまた期待でしょう。サンツェッペリンはやはり精神的な事だと思います。後半馬自身が苦しくなってくるとレースをギブアップしてしまう・・・・そんな感じだと思います。苦しいレースを前で踏ん張って頑張ってきた馬ですから分からないでもないですが、せっかくの才能ですから何とか復活してもう一度競走馬としての輝きを取り戻して欲しいモノです。

前置きが長くなりましたが、シルクロードSの予想を。

本命はファイングレイン
前走新馬戦以来の1200m戦で、前残りのレースを後ろから差しきってしまいました。
前走同様内枠を引けた事も本命にした大きな要素です。
3歳時に1600mのG1、G2で2着しましたが相手があまり強くなかった事とこの馬の能力の高さでカバーしてしまっての好走かもしれないと考えています。
この馬のベストは短距離。前走はそう思ってしまうのに十分なパフォーマンスでした。また、人気になりそうな馬が間が空いているのに対して、使われて調子を上げてきている事もこの時期のレースではかなりのプラス要素です。京都のこの時期の馬場で(雪の積もった後の馬場がどんなモノになるのかはわかりませんが・・・・)凄い末脚を使って勝っている事も評価できます。

対抗はペールギュント
この馬もいろんな距離を使われた馬ですが、1200mがベスト、と言うか、平坦コースの1200mがベストの馬だと思っています。この条件なら出る度に必ず買います!
鞍上のルメールもベストで、馬場がどうなのか?以外に今回のレースでネガティブな要素は無い馬だと思っています

他には淀短距離Sでカノヤザクラの前でゴールした、
クールシャローン
ステキシンスケクン
プリンセスルシータ
の3頭と、頭角を現してきた
テイエムノブシオー

の6頭が買いたい馬です。

土曜のメインレース予想

久しぶりの更新になります。今年から少し環境が変わり競馬について考える時間がかなり削られそうです。去年より更新の回数が減ると思いますがよろしくお願いします。
とは言え、競馬を楽しみたいという気持ちは全く変わりません!

今日は午後から雪が降るらしく、家でのんびり競馬観戦します。
京都競馬場は天候が雪で、早くも中止になってしまった様ですね。東京と小倉は競馬が終わるまでは何とか天候がもって欲しいものです。

東京メイン 白富士S

本命は③グラスボンバー
中山金杯の回顧で新潟あたりで重い印を、と書きましたが、東京もこの馬にとって力を発揮し易い舞台ですし、結果も出ています。このメンバーなら本命にします。8歳馬ですが、近走を見る限り明らかに調子は良くなっていそうですし、なんと言ってもこの馬のスピードが乗ってからの破壊力はかなりのモノがあります。(スピードに乗るまでが他の馬に比べて問題があるのですが)この力に賭けたいと思います。
雪が積もる様では困りますが、馬場が少々悪化するようなら他の馬が苦にする分、更にこの馬の好走確率は上がると思います。

現在1番人気はサンツェッペリンですが、京成杯、皐月、ダービーと先行して見事な粘りを見せていましたが、ダービー後のレースを見るとあまりに脱落が早すぎます、力はある馬ですが、何か精神的な事で問題があるのか?と思われます。今回は買いません。

相手には前で競馬出来る馬を上位評価に。

対抗は⑥ヨイチサウス
去年の同時期に行われた1600万の早春S。質の高いレースだったと思います。このレース逃げて刻んだラップも優秀ですし、この流れでアグネスアークの首差の2着に粘った事は高く評価できます。後ろの3,4着にエイシンデュピティー、ジョリーダンスがいる事もこの2着の価値を裏付けます。
続く今回のレースと同コースで行われたアメジストS。重馬場の中のレースでしたが、前レース同様に逃げてしっかりとしたラップを刻み、先行した馬は総崩れ、後半上がりが掛かるレースになり上位入線は全て後方からの馬。そんな中でこの馬だけが首差の2着!間違いなく1番強い競馬をしたレースでした。
東京の中距離で途中緩まないラップを刻んだ上に粘り込める。これはかなりの武器だと思います。この馬がこの様なレースで粘り込むとオープンレース常連のような中途半端な底力、斬れ味のサンデー系の馬は上位に来ないでしょう。
近走はあまりにあっけなく負けていますが、東京替わりで期待してみたくなる馬です。後ろから3番目の人気ですし、一変を期待して狙ってみます。

3番手は⑭トーホウアラン
競走馬として成長が見込める大事な時期に休養を余儀なくされ、勿体無い事をしましたが、能力は非常に高いと思っている馬です。しっかり仕上げてきて、闘争心が戻っていれば圧勝もあると思います。

4番手に
ヤマニンメルベイユ
来ても3着の様な気がしますが、あまりに差し馬が多いのでヨイチサウスのペースに2番手でついて行けばこの馬の粘り込みも期待出来るかもしれません。

簡単に京都牝馬Sの予想

週中に考えていた2頭から素直に馬券を買います。
◎カタマチボタン、○ブルーメンブラッドの2頭軸から3連複を流します。

東京は月曜に代替開催をするようですね。


.

土曜メイン 東京新聞杯の予想

東京の開幕週に行われる東京新聞杯。開幕週だけに前で競馬する馬が馬券に多く絡んでいるかと思いましたが、過去のこのレースを見ると後ろから来る馬がかなり馬券に絡んでいますね。

人気になりそうなのは、エイシンデュピティーかカンパニー辺りでしょうか?
エイシンデュピティーはやんわりと最後の脚を残す程度に逃げて、取って置いた瞬発力で後続を封じるというレースが理想か?一見東京コースこその馬のような気がしますが、毎日王冠、天皇賞秋と東京コースで厳しい流れになったレースで踏ん張れず惨敗しました。その前のエプソムCは勝ちましたがレースレベルは疑問で、更にやや重の時計の掛かる馬場がフレンチデュピティー産駒のこの馬にとって有利な条件になった気がします。東京コースは長い直線で目標になる上に登り坂も加わるので京都の様に何とか踏ん張りきるのは難しいのでは?と考えています。人気になりそうなので買いません。
今回はスムーズにこの馬の型のレース持ち込む事に対してまわりの騎手は警戒してくるでしょう。岩田騎手は東京でどんな乗り方をするのでしょうか?

カンパニーは昨年秋の3戦はどれも素晴らしい走りでした。勝った関屋記念では完全に1頭だけ別次元の脚を使っていました。極限の末脚を持つ馬だけに好調期間を長く保つのは難しいと思ってます。前3戦はどれも負担の掛かるレースでした。G1シーズンも終わり正月休みも挟み、厳寒期のこの時期のこのレースに勝ち負けできる状態に仕上げてくるのでしょうか?馬自身のモチベーションも含め、大いに疑問です。

水曜に書いた様に、本命はローレルゲレイロ!
とするはずでしたが、エイシンデュピティーが目標にされ、踏ん張り切れずにコケるレースを想定していますので、ローレルゲレイロは踏ん張り切れる馬として評価していますが、単の魅力に乏しく、単の魅力のある馬はこのようなレースになった場合は後ろの馬という事で予想します。

本命はカネトシツヨシオー
3走前の1600万のレースは勝ちタイムも優秀ですし、強かったと思います。金杯では勝負がついた後に3着に突っ込んできた印象がありますが、これは勝ったエイシンデュピティー@岩田騎手が前で巧くコントロールしたレースだったので、2着がアドマイヤオーラという事と併せてかなりの評価をして良いレースだと考えています。
巧くレースをコントロールされた事と平坦の京都であった事で勝ち馬に0.1秒差で負けましたが、東京に変わり、斤量も2キロ差のままとはいえ57→58キロと55→56キロでは1キロ増の意味合いが違います。
少なくとも人気になるであろうエイシンデュピティーには負けないんじゃないかな?と勝手に考えています。
この馬は3走前までマイルという距離を使われずに来ましたが、この馬のマイル適性はかなり高いのではないかと期待しています

対抗はジョリーダンス
前で競馬しない馬である事と、東京マイルの適性がかなり高いであろう事から対抗評価にします。去年の安田記念はこの地点の日本のマイルでは一番能力の高い2頭が1,2着になったと思っていますので、この3着は離されたとはいえ評価しています。
ヴィクトリアMは前残りのレースを1頭だけ後ろから来て0.3秒差の5着。これも評価して良いと思います。
斤量の55キロも問題ありませんし、寒い時期に好走歴があるのも好材料です。

3番手にようやくローレルゲレイロ
この馬の事は前のエントリーで書いたので短めに、復調していればゴール前での踏ん張りはかなり利くと思います。しかし、今回のレースでは好走しても2,3着が有力という事でここまで評価を下げる事に。
今まで惨敗続きの馬にしては随分人気を集めそうなのも買う側としては不満です。

大穴にフジサイレンス
力はさすがに衰えていると思いますが、他の馬がこの時期完調でレースを迎えるのが難しい分、この馬は厳寒期であるこの時期に好走する特殊な馬。 鞍上には久しぶりに大穴ジョッキーである「あの人」が戻って来ています。



.

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »