2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2007年度JRA賞雑感、ガーネットSの考察 | トップページ | 土曜京都11R 寿Sの予想 »

ガーネットSの考察 その2 ハイペースで好走出来る馬

ガーネットSで買いたい馬は前半速いペースのレースで好走出来る可能性のある馬です。
去年のガーネットSはかなりのハイペースでしたが、2番手追走から3着に粘ったニシノコンサフォスには驚かされました。同じ位置取りだったサンアディユコパノフウジン、逃げたジョイフルハート(それぞれかなりの力量の馬ですが)が揃って二桁着順に惨敗している事からも強いレースをした事が判ります。
この馬は中山1200のダート重賞ガーネットSでこそ買うべき馬と考えています。休み明け2走目で状態が良くなっていればいいのですが・・・。毎年年末に復帰し、この時期の好走を繰り返しているので、厩舎の方もこの時期の調整方法はしっかりしたものであると考えられます。ココが目標レースである可能性は高いかと。
今年で8歳ですが、順調に使われた馬では無く、夏場はレースに出ていないので8歳にしてはレース数が少なく、馬はまだ若い考えていいかもしれません。

2006年4月の同条件の京葉S

12.1-10.3-10.8-11.5-11.8-12.8

1番人気でハイペースで逃げて圧勝!後ろについて来た馬は馬群に沈み、相手は差し馬になりました。とても強かったレースです。

ちょっと前のレースなので去年のレースを。
上のレースの1年後の2007年4月の京葉S

11.9-10.6-10.8-11.5-12.0-13.3

逃げたサチノスイーティーをとらえられず2着。前に行けなかった事と勝った馬と斤量が4キロ差あった事が敗因でしょう。それにサチノスイーティーは上に書いたガーネットSで前目で競馬して5着に残っているので力もあるし中山1200の適性もある馬でした。(今回出るのなら確実に買う馬でしたが・・・・)
このレース5着に負けたトウショウギア
この馬は今回のレースに出ますが、明らかに中山1200より東京1400に向く馬です。このレースでは5着ですが、仮に同じ状態で東京でレースをしたら着順が入れ替わる可能性が大きいと思います。この馬は中山の1200のハイペース(スタート後下りが続くのでどうしても速くないます)に付き合ったら最後まで踏ん張りが効かない馬です。(差す競馬を選択すれば可能性はありますが。)
この馬の強みを活かせるレースは、代表例、圧勝した去年の欅S、

12.3-10.9-11.3-11.4-11.6-11.9-12.9

これは強い馬が東京ダート1400を勝つ為の必勝パターンですが、青字のトコロのラップを落とさずココで勝負を決めてしまうレース。ココのラップを落とすと後ろの馬にやられます。兎に角、コーナー区間で強みを発揮して直線に入った頃には大体勝負がついているというレース。
もちろん強い馬でないと出来ない芸当ですが、このレースで見せた強みを中山1200で見せられるか?というと非常に疑問な訳です。
と言うかこんな感じで東京1400で好走して人気になる馬は軽視するべきです。東京ダート1400と中山ダート1200では求められる適性がかなり違います。やはり前半のハイペースに対応出来る馬を選ぶべきでしょう。



.

« 2007年度JRA賞雑感、ガーネットSの考察 | トップページ | 土曜京都11R 寿Sの予想 »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/9800137

この記事へのトラックバック一覧です: ガーネットSの考察 その2 ハイペースで好走出来る馬:

« 2007年度JRA賞雑感、ガーネットSの考察 | トップページ | 土曜京都11R 寿Sの予想 »