2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 土曜競馬 中山11R ニューイヤーSの予想 | トップページ | 京成杯の回顧+その他の気になったレース »

日経新春杯、京成杯の予想

まずは日経新春杯
本命は他に狙える馬がいなかった為、1番人気、①アドマイヤジュピタ
「アドマイヤ」の主戦(?)の岩田騎手が鞍上だとかなり3着以内は堅いと思います。彼は京都で前に行く馬に乗って巧くレースをコントロールして勝ちを拾っていくと言う意味では1番の騎手かもしれません。しかも決め手のあるこの馬に乗ってしまって、ほぼ先頭で競馬をしたら、3着以内というか連は外さない気がします。この様な競馬で彼は近年結果を出し続けていますし、1枠も絶好だと思います。

対抗は⑭グロリアスウェーク
この馬は京都2400mの適性は分からない馬で、考察で書いたような想定の上がり4ハロン勝負は今までレースを見る限りかなり疑問な馬で、いつもならこの様な馬は買い目にも入れないのですが、今回のパッとしないメンバーを見ると、55キロとやや見込まれた斤量を背負わされていてもこの馬の秘めている能力に期待したくなります。
2歳時の京都外回り1800mでの勝ち方は見事で、その後3歳でシンザン記念が2着、何より4着と馬券圏外でしたが、きさらぎ賞を最も評価しています。このレースはかなりレベルが高かったレースで、上位に来た馬のその後の活躍ぶりを見ても容易に判断できます。
弥生賞でも2着にきましたが、その後骨折などもあり、順調に使えない馬でした。昨年末の1600万の復帰戦では長期休養明けにしては悪くないレースをしており、更に良くなっていればココで十分好走可能と見ました。
出来れば内枠が希望でしたが、能力に期待します。距離が長いような気がしますが、人気もありませんし、京都でよく走っていますし、実は京都2400にかなりの適性を持っていたという事になるかもしれません。
四位騎手が乗ることもかなりのプラス材料です。アドマイヤジュピタが前でレースをコントロールすると思いますので、この馬もなるべく前でのレースを期待します。

▲は⑪トウカイエリート
去年は2着でしたがこの馬が一番強かったと思っています。8歳ですが、大事に使われているので問題ないと思います。京都2400の適性も高い馬です。

ダークメッセージ
前走も距離は違いますが完全なあがり4ハロン勝負のレース。この手のレースには適性が高そうです。武騎手が乗る事も大幅プラスです。その為に人気しすぎてますが・・・・・

△⑥オースミグラスワン
勝つイメージは全く湧きません。加速する所で少し置かれ、最後凄い脚で突っ込んできて3着かな?という馬です。本来なら切る馬ですが、ちょっと復調してきている気がするので買い目に入れます。

以下
△ ②アドマイヤモナーク
△ ⑦トウカイワイルド
△ ⑤トウショウパワーズ
△ ⑬マキハタサイボーグ  まで

◎○2頭軸からの3連複の7点で勝負です!!考察からも斤量の軽い馬を狙いたいレースでしたが魅力ある馬を探す事が出来ませんでした。

続いて簡単に京成杯

◎ ⑪マイネルチャールズ
○ ①ランチボックス
▲ ⑯マイネルファルケ
△ ③ダンツウィニング

買いたい馬が4頭しかいないので、馬連ボックスで。

ちょっと買い目を増やして
△ ⑩ドットコム
△ ⑫プラチナメーン
△ ⑬リトルアマポーラ
△ ⑧ゴールドストレイン
△ ⑥ショウナンアクロス

◎○からの3連複を7点買います

« 土曜競馬 中山11R ニューイヤーSの予想 | トップページ | 京成杯の回顧+その他の気になったレース »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/9980249

この記事へのトラックバック一覧です: 日経新春杯、京成杯の予想:

« 土曜競馬 中山11R ニューイヤーSの予想 | トップページ | 京成杯の回顧+その他の気になったレース »