2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« AJCC、平安Sの予想 後方からの馬が人気のレースで前の馬を狙う | トップページ | 今週のそれぞれ3重賞について »

AJCC、平安Sの回顧

まずは、AJCCの回顧から。
レースの想定、予想共に大外れのレースになってしまいました!

12.7-11.3-12.7-12.3-12.2-12.1-12.1-12.2-11.8-11.9-12.3

1着 エアシェイディー
ついに重賞初制覇を果しました。今まで何度も重賞2着がありましたが、7歳でやっと勝ててよかったですね。
この馬が重賞を勝ちきれなかったのは、本当に速い脚を使える距離が短い事。それに尽きると思います。この馬が勝つ時は、うまく流れに乗れてレースが流れ、適度に脚が溜められ、最後の直線で一瞬の脚をスパッと使って抜け出たところがゴール!
そんなレースにならないと勝てない馬だと思っていました。
今回のレースは、前半のペースは速く無かったですが、ラップ的に道中あまり緩むトコロが無く、圧倒的1番人気のドリームパスポートが前目でレースをした事によって、この馬を目標に後続の馬が早めに動き出し、厳しい流れになり、先行馬は総崩れ(それにしても崩れ過ぎな気がします)。外を回った馬がガンガン追われているのに対し、内にいたエアシェイディ@後藤騎手はたいして追わずに、馬群の中で一瞬の脚を繰り出すタイミングを待っている様に見えました。そしてゴール前、馬群からスパッと速い脚を繰り出し完勝
レースの流れが向いた事は確かですが、1番多くコンビを組み、おそらく1番この馬の事を理解している後藤騎手だったからこその勝利であった気がします。
前走の中山金杯では、後ろから差し込めるレースでは無かったのにもかかわらず、後方から2着に飛び込み驚かされましたが、今回の完勝とあわせて今がこの馬のピークなんでしょうか?
次から単勝も売れる馬になりそうですが、この馬のキャラクターから今後もこの馬を1着に付ける馬券は買いません。

2着 トウショウナイト
冬場に走る馬ですが、60キロを背負うレースに出走させられたりして、最後の踏ん張りがきかないレースが続き、この馬が今後好走するのは難しいと思っていたのですが、今回は良く走りました!直線で挟まれる事もありましたが、よく盛り返して2着に!!
調子も戻っていそうですが、冬場の悪い、力の要る馬場、そしてレースがスタミナ色の強いこの馬が浮上するような流れになった事が好走の要因だと思っています。
今後どのレースに出るか判りませんが、今年の冬場の力の要る馬場でのレースがこの馬にとって最後の好走可能な舞台になると思います。

3着 ブラックアルタイル
この馬は強くなっていそうですね。最外枠になり、道中ずっと外外を回ってのレースになり、おそらく、走った距離の長さは1番長く、かなり距離ロスをしてのレースになりましたが、内で脚を溜めた勝ち馬とは0.2秒差しかありません。
かなり評価して良いのでは?
特に早めにレースが動いた中で、4コーナーで外を回ってから直線に入るまでの脚は見事なもので、直線でもロスが多かったのにしっかり伸びていますし、エアシェイディより評価したい馬です!
今回のレースで我慢比べのレースに強そうな印象を持ちました。

平安Sの回顧

勝ったのはクワイエットデイ
終始インを走り、しかも一定のペースでレースを進めていた様に見えます。角田騎手の好騎乗だったと思います。
スタートして前目からのレース。他の馬の多くがインを走っていなかった為、浪費する体力は変わらないまま、インでレースをしていた分、位置取りを上げて行きました。
レースでは◎にしていたマコトスパルビエロを見ていたのですが、道中イン、アウトの差だけでスムーズに前に行かれるのを見て、「これはやられるかな?」と覚悟しました。
この馬は毎度この時期の休み明け2戦目で走っている馬でした。力はあるが、ムラ馬。何処でレースをするか分からない。なかなか評価しずらい馬ですが、この様なレースでこの馬を本命に出来る人が馬券のセンスのある人なのでしょうね。
それにしても、インを通ったとはいえ位置取りを上げて行き、押し切っての勝利。調子も良かったのでしょうね。
前に何かのエントリーで書いたのですが、この時期の馬の仕上げは難しいので、過去にこの時期に実績のある厩舎&馬を!とか何とか書きましたが、忘れてました・・・・・

2着 メイショウトウコン
武幸四郎騎手はガーネットSのスリーアベニューと同じようなレースの結果になってしまいました。このレースは基本的に前有利のレースになりがちなので、悪いレースでは無かったと思います。決め手はある馬です。只、後方からのレースになる(しか出来ない?)馬なので、前に行けない事も含めてこれがこの馬の強さなのでしょう。去年は前が崩れるようなレースだった為の勝利でした。
とはいえ、この馬が強いのは明らかでしょう。今後どんなレースでも能力的に好走可能で、馬券圏内に入る可能性も高いと思います。只、1着になるかは・・・・・・

3着 マコトスパルビエロ
本命にしましたが、良く走ってくれたと思います。プラス22キロとは・・・・この時期はコレがありますね。安藤騎手が鞍上ですし、先頭付近での競馬になれば面白いと思っていたのですが、2頭がかなり前に行っちゃいました。
最後もしっかり伸びてますし、この馬は間違いなく強くなっています。ブライアンズタイム産駒のダートの強そうな馬ですし、この馬は今後大いに注目していく馬です。
次走、絞れて出てきた時に、どの位パフォーマンスを上げた走りをするか今から楽しみです。前で競馬する馬なので、是非とも引き続き安藤勝巳騎手に乗ってもらいたいものです。今後が楽しみな馬です。

« AJCC、平安Sの予想 後方からの馬が人気のレースで前の馬を狙う | トップページ | 今週のそれぞれ3重賞について »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AJCC、平安Sの予想 後方からの馬が人気のレースで前の馬を狙う | トップページ | 今週のそれぞれ3重賞について »