2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 微妙に初笑い 中山金杯の回顧 | トップページ | ガーネットSの考察 その2 ハイペースで好走出来る馬 »

2007年度JRA賞雑感、ガーネットSの考察

2007年度のJRA賞が発表になりました。
年度代表馬はアドマイヤムーン
これは当然の受賞でしょう。古馬中距離G1に3つ出走して2勝ですから。海外でも勝ちましたし。特に宝塚は個人的にベストレースだと思っているのでこのレースの勝ち馬が受賞出来た事は嬉しく思います。対サムソンで勝ち切った事が決定的な要因でしょう。
メイショウサムソンはジャパンカップを落としたのが勿体無いですね。天皇賞春秋連覇は見事なもので、宝塚も2着ながら負けて強しの内容。個人的には勝ち馬より評価して良いくらいの強さを見せたと思ってます。

その他各賞の受賞馬もほぼ思った通りですが、一つだけ、

最優秀4歳以上牝馬  コイウタ

最優秀2歳馬は実質半年以下のレースで評価するもので、一応年末の2歳G1を目標に有力馬が集う為、安易にこのレースの勝ち馬でも良いと思うのですが、3歳以上はやはり年間を通しての活躍から判断すべきでしょう。
古馬牝馬が集うG1,エリザベス女王杯は3歳馬が圧勝した為、もう1つのG1ヴィクトリアMの勝ち馬を受賞馬に!と言うのは安易過ぎます。
重賞3勝、G1で2着のサンアディユが受賞すると思ってました。若しくは「該当馬無し」になるかと。
コイウタは好きな馬で(マイルCS◎)、ヴィクトリアMの勝利は見事でした。しかし、全く勝ち負けにならず負けたレースの選考の対象にするべきでしょう!その意味で、年間を通して最も活躍した古馬牝馬はサンアディユでしょう。
牡馬一線級相手の宝塚、厳しい流れの中での4角先頭という牝馬らしからぬ競馬をしてそれ程負けなかったカワカミプリンセスはとても強い馬で順調に行けばこの馬が受賞すべき年だった気がします。

最後に簡単にガーネットSの考察。
このレースは中山のダート1200重賞なので、毎回必ずかなりの前傾のラップになります。この時期は正月休みを挟んだりして調整が難しいと思います。この時期にしっかり結果を出している厩舎の馬を軸馬に選ぶべきでしょう。
人気になっていない差し馬などが選べれば一番良いのですが。実力はあっても前傾ラップを前で競馬をして、最後まで踏ん張りきるのは調整が難しい時期には至難の業です。

今年は去年の覇者、スリーアベニューが出走しますね。前走一叩きして良化していれば勝ち負けになると思います。前走は明らかに叩き台でした。(それにしてはかなり走っていますが) この馬は毎回かなり安定して鋭い末脚を繰り出しており、このレースでは信頼できるはずです。タイプとしてはガーネットSで買うべき馬でしょう。




.

« 微妙に初笑い 中山金杯の回顧 | トップページ | ガーネットSの考察 その2 ハイペースで好走出来る馬 »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/9783823

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年度JRA賞雑感、ガーネットSの考察:

« 微妙に初笑い 中山金杯の回顧 | トップページ | ガーネットSの考察 その2 ハイペースで好走出来る馬 »