2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 日経新春杯についての考察 その2 | トップページ | 日経新春杯、京成杯の予想 »

土曜競馬 中山11R ニューイヤーSの予想

人気になっても、迷わず本命は③マルカシェンク!!

今回のメンバーは成績のパッとしない馬ばかりで、どの馬も勝つところをイメージし難い馬ばかりです。マルカシェンクだけは別。たとえ長期休み明けでも、人気になっていても迷わず本命です。今回55キロの斤量ですが57キロでも本命にしたと思います。
2005年以来勝ち星が無く、以来9戦して馬券圏内に入ったのはG3で2着が一回と頼り無く見えますが、戦ったレースの相手、中身が他のこのレースの出走馬とは違い過ぎます。
惜しくも4着になった、ダービー、毎日王冠、京都金杯は勝負がついた後に後ろから差し込んでいるものですが、どのレースの出走馬のメンツを見ても相当強くないとこの位置には飛び込んでは来れないと感じます。
しかもこの馬のベストはマイル辺りと考えています。順調に使えない馬でしたが、まともに使えていてマイルを中心に戦っていればスズカフェニックスと互角の戦いが出来ていた程の才能があったと思います。
レース内での強い差し馬との比較では、ダービーで極限の脚を使い軽い骨折した後の毎日王冠では3キロ軽いですが、カンパニー、テレグノシスに先着、京都金杯では同斤のスズカフェニックスに先着。
特にメンバーの揃った毎日王冠での走りは今後のマイル路線での主役になる馬として期待を抱かせるのに十分な走りでした!
この馬の歯車を狂わせたのは骨折の後すぐに毎日王冠を使った事、そして何より強いマイラーの古馬と互角の戦いをした後、全く異質のレースの菊花賞に向かった事でしょう。馬に多大なダメージを与え、馬のリズムも狂わせました。
菊花賞を使わずにマイルCSに向かえば、ダイワメジャーがレースをコントロールしたので後ろから差し込むには厳しいレースになりましたが、好走はしたでしょう。何よりマイルの最高レベルという貴重な、今後のマイラーとしての成長の糧になる経験が積めたはずでした。
酷い使い方をされて、有り余る才能を開花させずに終わるには惜しい馬で、応援の意味合いも含みますが、馬券はこの馬の1着付けから!!
状態の良さそうですし、このレースの勝利をステップにマイル路線のトップを目指して欲しいと思っています。ここで負けるようだと復活の道は更に厳しいものになります。

今回マルカシェンクは全くの後ろからというレースはしないと考え、しかも強い競馬で勝つと想定してます。強くない前にいる馬は潰され、相手は後方からの差し馬を想定します!

○はマイネルハーティー
この馬は今まで馬券に入れていない馬ですが、今回は買うべき馬と判断し、対抗評価にします。前走も悪くは無い走りでした。外枠も関係無い馬ですし、中山も向いていると思います。マルカシェンクが圧勝するレースになれば、この馬が上位に来る可能性は高いと考えます。

馬券は◎1着→○2着3着付けの3連単を買うつもりです。

ヒモで買う馬は
筆頭の▲はマヤノライジン
以下△はサンデー産駒のメテオバーストアルビレオの2頭、スターイレブンマイネルフォーグ
楽に逃げた時のニシノデューと前崩れになった時の事を考えゴールドアグリの2頭を3着付けのみ買います。

③Mシェンク→⑯Mハーティー→②⑤⑦⑬⑮⑨⑪

③Mシェンク→②⑤⑦⑬⑮→⑯Mハーティー  

の計12点で勝負!!▲②マヤノライジンだけ厚めに買います。


.

« 日経新春杯についての考察 その2 | トップページ | 日経新春杯、京成杯の予想 »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/9956199

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜競馬 中山11R ニューイヤーSの予想:

« 日経新春杯についての考察 その2 | トップページ | 日経新春杯、京成杯の予想 »