2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« フェアリーSの予想 ◎エーソングフォー | トップページ | 有馬記念についての考察 その1 »

日曜重賞の回顧

いつも月曜にレース回顧をするのですが昨日書けなかったので今回は簡単にしてこの後有馬記念の考察に入ります。

阪神カップ
      12.2-10.9-11.3-11.6-11.2-11.3-12.1

もう少し速くなるかと思いましたが、それ程速くならず、切れ味に勝る馬が馬券圏内を独占するレースになりました。
勝ったのはスズカフェニックス。やはり3戦目で調子を戻してきました!今回は楽勝と言っていいでしょう。それだけにこの馬のピークであろう今年、馬インフルエンザの影響を受け順調さを欠いたG1の2戦は勿体無い気がします。
やはりこの馬にとっては外枠が合うと思いました。次戦このくらいの距離ならば内枠でも入らない限り人気でも文句をつける材料が無い気がします。
2着はジョリーダンス。安田記念3着はフロックではなかった事を証明しました。去年同条件で行われた阪神牝馬Sを勝った時と同タイムです。この位の力量は持ち合わせているということでしょう。先週はダンスインザダーク産駒がよく走っていた気がします。
本命にしたプリサイスマシーンは最後の伸びが案外。ベストの条件でこれでは、やはり年を明ければ9歳ですし、そろそろ力が衰えてきたと見るべきかもしれません。
4着ローレルゲレイロはやっと復調の兆しをみせました。2歳3歳のG2G3を間を詰めて使い勝ち負けの競馬をし、とどめが、皐月、NHKマイル、ダービーのG13連戦。かなり疲労が溜まりましたが、ココで完全に燃え尽きた訳ではなさそうで今後が楽しみです。

簡単にフェアリーS
レベルが高かったかは疑問。毎年ここで勝ってもその後パッタリの馬が多いですが今年も?この中で注目できるのは、2着スワンキーポーチ。後方からの馬に差されたのは上がりがかか展開になったので仕方無し。2戦目でしっかりした競馬が出来たので今後も可能性のある馬でしょう。
本命にしたエーソングフォーもレベル疑問のこのレースで4着ですが、見せ場たっぷりで、かかっていたり、伸びそうで伸びずだったり、まだまともに走っていないような?スムーズにレース出来れば芝でも十分やれそうです。前崩れのレースで一瞬勝ってしまうようなレースが出来ただけでも今回は収穫ありでしょう。ジョッキーも中央ではもう少し慣れが必要そうです。

« フェアリーSの予想 ◎エーソングフォー | トップページ | 有馬記念についての考察 その1 »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/9465977

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜重賞の回顧:

« フェアリーSの予想 ◎エーソングフォー | トップページ | 有馬記念についての考察 その1 »