2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 日曜重賞の回顧 | トップページ | 有馬記念についての考察 その2  ファン投票上位各馬について »

有馬記念についての考察 その1

いよいよ1年の締め括りの有馬記念が今週末行われます。有馬記念だけはスターホースの集まる「お祭り」だと思ってますので特に楽しみたいです。
とはいえ有馬記念は馬券が取れていません。2年前の唯一ディープインパクトが国内で負けたレースをある程度前で競馬出来ればと◎ハーツクライで3着馬も含めてほぼ完璧に的中できたのが唯一のいい思い出です。今年は何ともお寒い結果が続いているので最後くらいは何とかいい気分で終わらせたいものです。

◎メイショウサムソン
○ポップロック
▲マツリダゴッホ(?)
随分前から有馬ではこんな感じに考えていました。が、週末までまだタップリ時間もありますしのんびり考えて行きます。

まずは展開!
スピードの違いで先手を取り、道中緩めて最後の瞬発力に賭けたい安勝騎乗のダイワスカーレット。前走、大事に乗りすぎて、生涯でピークの時期であろう名馬メイショウサムソンの戦績に連を外すという傷をつけてしまった武豊。ここでは逃げるであろう3歳牝馬を残してしまっての負けは許されないでしょう。道中出来るだけ前に付け、何処かで早めに進出し潰しに行く必要があると思います。とはいえ後ろから差される事を良しとしない武騎手なのでこの仕事を他の騎手に譲る可能性もあります。
エリザベス女王杯でダイワスカーレットがペースを落として自分の得意な形に持ち込もうとした時そこで進出せず、ダイワの後ろをキープして瞬発力勝負に付き合ったアサヒライジングの鞍上の様な勝負師の資質に欠ける様な騎手は先行するであろう有力馬の鞍上にはいないと思うのでダイワの目論見通りにはならないでしょう
中山のコース形態、年末の芝の状態、ダイワスカーレットという馬の存在、メンバーの質。これらを考えても、例年通りレースは上がりのかかる展開になるはずです。
流れの中心は間違いなくメイショウサムソン。この馬の動きがレースの質を決めそうです。

個人的な希望としてはサムソン自身が早めに動いて前を潰しに行って勝ちに行く競馬をする事。とても贅沢な一流馬による底力勝負が見られると思います。この競馬で押し切れればサムソンは私の心の名馬決定です(笑)

この馬自身が早めに前を潰しにかかって勝ちに行けば一斉に回りの馬もかなり早めであろうと動き出すのでかなり上がりがかかるものと思われます武騎手のキャラからは考えずらいのですが前走の騎乗ミス、サムソンの強みを生かし切るということを考えるとこの乗り方を選択する可能性はあります。こうなった場合は特にスタミナ、底力が求められます。ステイヤーの資質が高いデルタブルース。厳しい流れのダービーで底力を見せたハイヤーゲーム。復調が見られるこの2頭が穴馬として台頭が期待できるかと。あと今年の宝塚で4着まで来たアドマイヤフジも穴馬として可能性があります。
逆にダイワスカーレットや瞬発力で強みを見せてきたインティライミなどは厳しいでしょう。
この流れは牝馬には相当こたえるものになります。

明日は1頭ずつ考えてみます。

« 日曜重賞の回顧 | トップページ | 有馬記念についての考察 その2  ファン投票上位各馬について »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/9467807

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念についての考察 その1:

« 日曜重賞の回顧 | トップページ | 有馬記念についての考察 その2  ファン投票上位各馬について »