2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ラジオNIKKEI杯2歳Sの回顧 | トップページ | 有馬記念予想 »

有馬記念前夜考察

いよいよ明日有馬記念ですね。
1枠に入った事、馬場が悪くなって力の要る馬場になっている事でメイショウサムソンの勝つ可能性はかなり高くなったと思います。
サムソンが勝つにはこの馬の強みをしっかり発揮する必要があるでしょう。早めに動き出して押し切る。積極的な競馬でバテない強みを発揮して、他の馬の斬れる脚を完封する必要があります。ディープインパクト程はスタミナも斬れもないので武騎手はこの馬と同じ乗り方をしては危ないでしょう。
おそらく残り5ハロン我慢比べのレースになると思っています!!予想もこの想定で行います。
2002年のタップダンスシチーが作った流れ、

6.8-11.5-12.5-12.9-12.0-12.7-12.8-12.3-11.5-11.8-11.4-11.7-12.7

これに近い流れを自ら作る必要があるでしょう。強烈な逃げ馬ではないダイワスカーレットが逃げるのでそれ程速い流れにはならないでしょう。それゆえ、ダイワを潰して、他の馬の差し脚を抑える為に、途中から緩やかな流れを急流にする必要があります。サムソンには耐えられるが他の馬には耐えられない流れ、それによって勝つ!この流れになると牝馬には相当辛いレースになります。
1枠ですし、スタートでは前目に付ける必要があります。これが一番重要でしょう。前にいなければレースを動かせませんから。差しの競馬を好む武騎手が乗っているのが有馬記念では不安な要素です。有馬記念は強い馬が必勝を期すなら間違いなく先行押し切りでしょう。コースの形態から強いメンバーが集まって上がりの速い競馬で勝つなんてことは不可能です。(ディープインパクトは特別)
このディープインパクトに去年乗って快勝している事が大いに問題です。
ペリエ騎手はこの辺に理解があります。
ゼンノロブロイの騎乗を見れば一目瞭然です!3連勝時の位置取り、
天皇賞(秋)  後方からのレース
ジャパンカップ   中団からのレース
有馬記念   タップダンスシティーの2番手!!!!
中山2500mのコースマスターです。

武騎手が有馬記念を勝ちきれていないのはこの辺の理解が甘いからではないでしょうか?
メジロマックイーンが負けた有馬記念。
先行押し切りのこの馬が有馬では後方からのレース。メンバーを見てもどうやっても負けないようなメンバーですが、有馬でこれをやってはいけない!強い1番人気の馬が勝つ為に押し上げて行き、上がりがかかり、最後内から差してくる馬にやられる。
有馬記念は強い馬が前目でレースを締めれば相手は前の馬だけ!それを押し切れば勝利が手に入る。中団、若しくは後方から押し上げて勝ちに行く競馬をすると相手は差し馬!という事になるレースです!!!
今回武騎手が乗るメイショウサムソンは末脚が絶対の馬ではない!マックイーンのように!控えれば最後差し馬にやられる可能性は高い。その意味で前のエントリーで外枠なら「2着になる馬券を期待していた」と書きました。
1枠なら前に行くでしょう。

前に行けば、相手は前に行きそうなポップロック、デルタブルース、ロックドゥカンブ、マツリダゴッホ、ハイヤーゲーム辺りを考えています。

最後に評価を改めようか考えている馬を。
インティライミ
どうしてもダービーでの好走が頭に残ります。スローの瞬発力勝負で勝ちあがった馬は有馬では買いたくないのですが、ダイワがいる事から道中速くなる事は無いですし、4ハロンのロングスパート合戦で勝ってきているので、中山5ハロン我慢比べでも好走できるかも?と考えています。何より福永騎手が思いきって先行してきたりしたら怖いと思っています。
阪神内回りでの朝日杯CCではスタートしていきなりスローになりましたが、最後はかなりロングスパートになっている気がします。内回りのレースでこのテの事が出来るとやはり軽視できません。タップダンスシチーも上にかいたラップの有馬記念に出る前に朝日杯CCをロングスパートで制して有馬での人気薄の好走に繋げました。
偶然同じ厩舎ですし、怖い馬です。ジャパンカップの敗戦でかなり人気も落としてますし。

明日最終決断です。

« ラジオNIKKEI杯2歳Sの回顧 | トップページ | 有馬記念予想 »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

タマルファイさん、こんばんわ。
インティライミには3着に入ってもらいたいですね。
ただ勝たれたら困りますが・・・。
3歳牝馬がどうでるかが非常に怖いです。

こんばんは インティライミは切る馬だったのですが、重い印になるかも?になってます。調教もかなりしっかりやっているようで、タップのようにロングスパートに耐えられるだけの馬に仕上げてきた可能性があります。 またtakuさんと似た予想になりそうです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/9526703

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念前夜考察:

« ラジオNIKKEI杯2歳Sの回顧 | トップページ | 有馬記念予想 »