2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 有馬記念についての考察 その3 ファン投票5位以下の出走各馬 | トップページ | ラジオNIKKEI杯2歳Sの回顧 »

ラジオNIKKEI杯2歳Sの予想

毎年来年のクラシックに向けて有望な強い馬がマイルより2000mという事で多く出てくるレースですが、今年は小粒と言うか、あまり大物感のある馬がいないような気がします。馬インフルエンザの影響があるのか、本当のクラシック有力馬はこれから頭角を現すのかもしれません。

本命は③メイショウクオリア
阪神ダート1800mで新馬戦を勝ち上がった馬です。1.7倍の1番人気コロナグラフとの完全なマッチレースを1分53秒9というタイムで制しました。3着以下との着差からもレベルの高さが分かります。
この1分53秒台は3歳上500万下では出るか出ないかで、1000万下でやっと出るタイムです。(先週同じようなタイムで勝った2歳アドマイヤスワットは相当強い馬だと思っています。)
芝レースは初めてですが、馬の能力自体はかなり高い馬なのは間違いないと思います。それに加えて今の時期の阪神はパワーの要る馬場になっており、更に今日は雨が降っているらしく、今の地点でやや重。時計もかなりかかっているようです。
ダートで強い2頭のマッチレースを押し切ってかった経験が活かせるレースになる可能性があります。例年では2歳重賞のなかではかなり格の高いレースですが、今年のメンバーのレベルならこのような馬が勝ってしまっても不思議は無いと思います。天候も味方になってくれています。前目から押し切る競馬を期待します!
この馬が積極的な競馬をすれば芝での斬れる脚の能力などは全く必要にならないレースになるのでは?
芝が全くダメという可能性もありますが、思ったより人気になっているとはいえ人気薄なので賭ける価値は十分にあると思います。
相手は⑨フローテーションが一番手。やや重の萩Sで軽快に逃げたダンツキッスイを上がりがかかりながらキッチリとらえたレースを評価!
この馬で有馬資金を!

« 有馬記念についての考察 その3 ファン投票5位以下の出走各馬 | トップページ | ラジオNIKKEI杯2歳Sの回顧 »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/9519643

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオNIKKEI杯2歳Sの予想:

« 有馬記念についての考察 その3 ファン投票5位以下の出走各馬 | トップページ | ラジオNIKKEI杯2歳Sの回顧 »