2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 朝日杯FSの予想 | トップページ | 日曜中山11R フェアリーSについての考察 気になる馬 エーソングフォー »

朝日杯FSの回顧

朝日杯FSは◎ゴスホークケンの逃げ切り圧勝という結果になりました。

12.3-11.1-11.3-11.6-12.0-11.9-11.3-12.0

緩みの無いラップ!
レースはゴスホークケンが見事な発馬でハナに!その後をレッツゴーキリシマ、キャプテントゥーレらが追走。道中緩める事無く、今までのレース通り4角を抜群の手ごたえで加速して抜け出す!そこから更に後続の馬に差をつけて圧勝!上がりも最速のモノでした。
2着のレッツゴーキリシマはスタート後すぐにゴスホークケンの後ろに入れインを追走、直線入ってから追い出し何とか2着を確保。3着のキャプテントゥーレは前で巧く立ち回りましたが2着馬に僅かに届かず。2,3着はコース取りの差という事だと思います。

まず、勝ったゴスホークケン。勝浦騎手はこの馬の強みをしっかり発揮させ見事な騎乗でした。彼の一番大切な仕事はスタートでした。これを完璧にこなし、ハナで主導権を握れた事道中緩めなかった事、そして早めに抜け出す事。これらを実行出来た事が勝利に繋がったと思います。関東ジョッキーの意地を見せてくれた勝浦騎手に拍手を贈りたい気分です。
全く想定通りの騎乗をしてくれたので安心して見ていました!4角の抜け出し方は今まで通り迫力あるもので、追ってからの脚も強い調教が出来た事で十分解決されたようですね。
今後は調教師曰く、マイルで良いところを伸ばす!そうですね。皐月賞くらいは出てもらえないでしょうか?
マイル中心に育てるなら、将来的には香港マイルで負けてしまいましたが、コンゴウリキシオーのようなタイプのマイラーに育って欲しい気がします。
朝日杯を勝つような馬はこの地点での完成度が高い馬が多く、その後案外の馬が多いですが、ゴスホークケンはちょっと違うと思います。この馬はまだまだこれからの馬です!今後の成長が本当に楽しみです。スピードで先行し、4角を見事な加速で抜け出し、そのまま押し切る!好きなタイプの馬です。

次に対抗評価したドリームシグナル
鞍上のルメール騎手がレース後こんなコメントをしていますね。
「スタートで少し遅れてしまって思ったより後ろの位置になってしまった。前の馬が楽なペースだっただけにもう少し前の位置を取れていればと思う」

ドリームシグナルも理想的な枠順。内のゴスホークケン、レッツゴーキリシマは前に行くと思いますので、その後ろのインのスペースに入れてロス無く追走できそう

1本調子のフラットなラップが作れて、ゴスホークケンが早めに抜け出し!なんて事になればその後ろから馬群を割れる能力のあるドリームシグナルとセットで馬券圏内も十分にあるかな?と甘い考えをたっぷり持っています。

エントリーの中でこんな事を書きましたが、後ろのインのスペースに入ったのは逃げると思っていたレッツゴーキリシマでした!ルメールも本当はこの位置を確保してレースを進めたかったのだと思います。発馬後落ち着いて逃げ馬の後ろに控えた幸騎手の好判断にやられましたね。彼の発言通りもう少し前の位置が取れればセットで馬券圏内であった可能性は高かったと思います。
惜しくも4着でしたが最後も良く伸びていましたし、良く頑張って走ってくれたと思ってます。

結果として前有利、内有利という事が露骨に出たレースになりましたが、ドリームシグナルより後ろの5着以下は文句を言うにはちょっと離され過ぎのような気がします。

勝浦騎手の積極的な騎乗によって、気持ちのいいレースになりました。
◎○二頭軸の3連馬券を逃したのが少し残念ですが、◎→(注)ながらも配当もソコソコ付き、久ぶりの的中にホッとしています。
(キャプテントゥーレは抜けていたので幸騎手に感謝です。キャプテントゥーレのデイリー杯はタイム的に疑問で勝ち馬であるこの馬も印を付けなかったのですが、先行して楽勝だった事を考えるとこの馬はもっと速いタイムで走れていた可能性は十分にありましたね。前に行ける事が分かっていながら印を打たなかった見る目の無さを痛感しています。幸騎手がインで脚を溜めなければ2着はこの馬で間違いなかったでしょう。

以前からブログには興味があり、コンスタントに馬券を的中出来るようになり(ソコソコですが)、満を持して競馬のブログを始めたつもりでしたが、まともなトコロが的中せず度々このブログを見に来てくださる方には申し訳ない気持ちで更新を続けてきました。おかげ様でなんとかトンネルを脱出できました。今後も懲りずによろしくお願いします

« 朝日杯FSの予想 | トップページ | 日曜中山11R フェアリーSについての考察 気になる馬 エーソングフォー »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/9343055

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日杯FSの回顧:

« 朝日杯FSの予想 | トップページ | 日曜中山11R フェアリーSについての考察 気になる馬 エーソングフォー »