2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 朝日FSについての考察 気になる馬ドリームシグナル | トップページ | 朝日杯FS枠順発表後の雑感 »

朝日FSについての考察その2 気になる馬ゴスホークケン

昨日に引き続き朝日杯FSについての考察をしたいと思います。
昨日は京王杯2歳Sから気になる馬を取り上げましたが、今回は東スポ杯2歳Sから4着に入ったゴスホークケンを!

東スポ杯2歳S 
   13.0-10.9-11.3-11.8-12.4-12.8-12.0-11.3-11.9  勝ちタイム1分47秒4

同日同条件で行われた500万下のレースと比べて勝ちタイムで0.5秒上回っています。レースの流れも似たようなもので、内容的にも十分に500万下を上回るレベルであり、これまで行われた2歳レースの中でもレースレベルが高かった1戦だと思います。(4着のゴスホークケンのタイムが500万下の勝ちタイムと同じです。)

ゴスホークケンは発馬良くスタートでハナに。その後すぐに先手を主張するダンツキッスイに先頭を譲りその後に控える。飛ばしていくダンツキッスイ、その後前に行ったメジロガストンを追いかけずにその後を少し離れてマイペースで追走。そして4コーナーで持ったままの馬なりで一気に進出!直線に入っても鞍上の手は動かない。前に行った2頭の脚が鈍り外から馬が上がってくる。そしてそれを待っていたかの様にゴスホークケンも追い出す!少し速いぺースを前目でついて行った為か?この馬に斬れる脚が無いのか?追ってからが意外に伸びず。それでもジワジワと伸び4着に残しました。

新馬戦もそうだった様にこの馬には斬れる脚が無いのだと思っています。ダンツキッスイが息切れしたレースで前目から4角での進出ぶりは見所があり、能力が高い馬だと思いました。直線で後ろの馬を待たずにもう少し早めに仕掛けたら、勝ち負けはともかく、もう少しきわどい勝負になったような気がします。

そして評価すべきはこれが2戦目の競馬であった事。今回の朝日杯FSはココまでレースを消化して抜けた評価を与えられるような馬がいません。3戦、4戦走って人気になる馬よりも1,2戦で能力の片鱗を見せた次で3戦目の馬を狙う方が良いと考えています。
競走馬はレース毎にレベルを上げて行くものなので、負けたにしても2戦目で強い馬相手に前で粘って4着を確保したゴスホークケンはかなり良い経験をしたと言え、朝日FSでは更なるレベルアップが見込めます。

更にサンスポの記事で調教師が「前走の東スポ杯2歳S(4着)は左トモに骨膜が出て強くできなかったが、今回は不安ない」とコメントしています。
このレースでは2戦目の馬にしては十分強かったと思いますが、調教が強く出来ていなくてこの強さとは・・・・・・
かなり期待できると思います。ジョッキーは勝浦騎手みたいですね。あまり人気にはならないでしょう。勝浦騎手には早めに抜け出し押し切る様な気概を持って、積極的な騎乗を期待します。

今回のG1を迎えるにあたって有力馬を比較するうえで、このレース3着のスマイルジャックという馬がいい物差しになると思います。この馬と互角の勝負が出来た馬は買い目に入れる事にすると思います。

このレースで2着のスズジュピターはかなり強い馬だと評価しています。只、タニノギムレット産駒なのとあわせて中山に向いているかはちょっと疑問です。印は打ちますが取捨に困る馬です。

最後にエイシンフォワードに乗る福永騎手。知らなかったのですが、彼は朝日杯FSで騎乗機会3連勝中らしいですね。エイシンプレストン、エイシンチャンプ、フサイチリシャール・・・・ 関西の騎手なのに・・・・・ 
このレースくらいは関東の騎手頑張れ!!!!!!!

« 朝日FSについての考察 気になる馬ドリームシグナル | トップページ | 朝日杯FS枠順発表後の雑感 »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/9281715

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日FSについての考察その2 気になる馬ゴスホークケン:

« 朝日FSについての考察 気になる馬ドリームシグナル | トップページ | 朝日杯FS枠順発表後の雑感 »