2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 有馬記念についての考察 その2  ファン投票上位各馬について | トップページ | ラジオNIKKEI杯2歳Sの予想 »

有馬記念についての考察 その3 ファン投票5位以下の出走各馬

もう枠順が発表になっているんですね。メイショウサムソンが最内枠の1番。一番強い馬が距離ロスをしない競馬をしたら・・・・。 1番人気、力量No.1の馬ゆえにの競馬をして、内をスルスル抜け出る馬にギリギリ差されて負けて強しのサムソン2着馬券を期待していただけにちょっと残念な枠順になりました。
昨日の続きの各馬のコメントを。

ポップロック
この馬はサムソンとダブる感じがします。斬れはあまり持ち合わせていないが、上がりのかかる競馬で強みを発揮する馬と考えていました。サムソン同様、今年に入ってもともと総合力の高い馬にある程度の斬れ味が加わり更にパワーアップしたと思います。
ジャパンカップではペリエ騎手が距離ロスを最小限にして、道中脚を溜め、サムソン1頭に狙いを絞っていたかのような競馬をして、実際サムソンを封じました。(ゴール地点で前に1頭居ましたが) 封じたとはいえ力量でサムソンに劣る事は明らかだと感じました。それ程ペリエ騎手の騎乗は光りました。
この馬の弱点はウォッカの様に勝負所でスパッと迫力ある加速が出来ない事。今回のメンバーでの中山2500mなら4角前からレースが動くのでこの弱点をきれいに隠す事が出来るのでこのレースに関しては適性はベストに近いと考えています。
ペリエ騎手去年よりパワーアップしたポップロックの斬れで勝負できると考えているのでしょうか?京都2400mのような舞台での純粋な意味での斬れ勝負では進化したとはいえ、この分野ではインティライミにもやられていまいますが、有馬記念でのゴール前での最後の斬れという意味なら、脚の使い所を完璧にこなせば頭もあるかも知れません。
根拠はやはりペリエが乗る事。この人は年末日本に来て有馬で賞金を稼いでいきます。中山2500mをおそらく世界で1番理解している騎手ではないでしょうか?その年の能力の高い馬が集まり、コーナーを6回も回るハイレベルな1戦。道中のペースのアップダウンが頻繁に繰り替えされ、馬との本当の意味での一体感、繊細な脚の使い方が求められます。どこで乗っている馬の強みを発揮させるかが重要な要素になります。シンボリクリスエス、ゼンノロブロイなどはもともと強い馬でしたが、この辺を巧く出来ないとあれ程見事に勝てはしなかったでしょう。昔は岡部さんについて行けば・・・・なんて言ってましたけど、今や中山2500mのコースマスターでしょう。
ポップロックに3戦続けて乗り、天皇賞ではまさかの出遅れでしたが、微妙な馬場状態の中一番伸びる馬場に乗せてきて見事なリカバーをしました。ジャパンカップではほぼ完璧に乗りこなしての今回の有馬。
ポップロックの昨年の2着はあまり強いとは感じませんでしたが、パワーアップしたピークとも言える今年のポップロック+コースマスターのペリエ騎手なら好走は堅いと思ってます。3枠6番に入りましたが、対サムソンで勝ちに行くならスタート後インにねじ込む必要があるでしょう。

ドリームパスポート
とても好きな馬で枠も1枠2番と皐月賞と同じいい枠を引き当てました。高田騎手もこの馬をよく知っている騎手であり問題は全くありません。
とはいえジャパンカップ、中間の調教を見る限り変わってくるまでにはまだまだ時間がかかりそうで今回は買えません。復調を願っているので好走してくれれば、それはそれで嬉しいのですが・・・
それにしても、これほどの能力の高い馬、ジョッキーを固定する事は出来ないものでしょうか?

インティライミ
この馬の一番インパクトがあったレースはダービー。2着でしたが、あの化け物がいなければ強い勝ち方をしたダービー馬として歴史に名を刻んだでしょう。その後不振に陥りましたが、スローの残り4ハロンの瞬発力勝負で強い馬として復活!
宝塚ではかなり好走したと思いますが、今のこの馬の強みは瞬発力勝負。それ以外は並みの強い馬と考えています。
怖いのは宝塚でアドマイヤフジをポップロックから首差の4着までに持ってきた福永騎手の手腕くらいか?買いませんけど。

ロックドゥカンブ
3歳牡馬で53キロ。これはかなり有利で人気になりそうですが、現時点での馬の力量はこのメンバーに入るとかなり疑問。キネーン騎手も人気の要素になりそうですが、騎手としてのピークは過ぎているような気がします。ペリエほど日本の競馬に精通している訳でも無いですし。菊花賞でちょっとまずい騎乗をしましたがココは将来のある柴山騎手を乗せて欲しかった!この馬は将来的にはかなり強い馬になると思っていますので、「馬が騎手を育てる」といったように人馬共に一緒に階段を登るように成長して欲しいコンビでしたが。

デルタブルース
この馬は今回想定している流れの中で「スタミナがあり、前で競馬出来る馬」として穴馬で買いたいのですが、枠は外になってしまいました。それでも早めにレースが動き出し、ゴール前消耗戦の踏ん張り比べになれば、ステイヤーとして資質の高いこの馬にも十分可能性はあると思います。ダイワスカーレットという競りかけずに行かせっぱなしでは危険な快速馬の存在、前走で大事に乗りすぎて名馬サムソンの戦績に傷をつけ、今回は負けられない立場の武騎手の存在がこの馬が浮上可能な流れを作ってくれるかもしれません!

マツリダゴッホ
去年の12月~1月にかけての中山の3戦。全て道中のラップが締まっていて、上がりがかかる競馬で好走しました。この時から成長も見込んで有馬記念に出るなら重い印を打とうと決めていました!!成長という意味では大いに不満なのですが、今年凡走したレースは距離の長い春の天皇賞、藤田騎手にコントロールされ瞬発力勝負になった札幌記念、後ろからの馬は「事故」だった秋の天皇賞。
G1では全然足りない馬と言えばそれまでですが、この馬の強みは上がりのかかる競馬で発揮されます。向き不向きで言えば向くのは明らかに有馬記念でしょう。
それと余力という意味ではこの馬が一番余力が残っている馬だと思います!それに4歳の末でありながら使ったレース数が少なく、まだ能力を隠し持っている可能性がある。
現時点では能力は劣っているのでこの辺りと中山の適性に期待したい馬です。

コスモバルク
皐月賞とセントライト記念が強く印象に残っている馬。
ダイワスカーレットに絡んで行ってもらいたい馬の筆頭!!その意味で期待!

ハイヤーゲームは評価保留で。


« 有馬記念についての考察 その2  ファン投票上位各馬について | トップページ | ラジオNIKKEI杯2歳Sの予想 »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/9494784

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念についての考察 その3 ファン投票5位以下の出走各馬 :

« 有馬記念についての考察 その2  ファン投票上位各馬について | トップページ | ラジオNIKKEI杯2歳Sの予想 »