2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« エリザベス女王杯についての考察! その3 (馬券に絡みそうな馬 [2/2]) | トップページ | エリザベス女王杯の回顧! またダイワが逃げているのに道中緩む流れに・・・ »

エリザベス女王杯の予想!

今さらですが、ウォッカの取り消しを知りました。
ウォッカは本命だったので残念ですが、不完全な状態で出られるよりは私にとっての馬券的にも、今後のウォッカの活躍を考えても良かったと思います。

予想の方は困った事になりました。
持続力ラップを前提に、ダイワを切り捨ててという馬券を買うつもりでしたが、さすがにレインダンスも居ない上にウォッカまで居ないとなると、もし持続ラップにダイワが適性が無かったにしても3着以内に入る可能性は高くなってしまいました。(能力は間違いなく高い馬ですから!)
それでも予想は、

◎アサヒライジング
○ローブデコルテ
▲フサイチパンドラ
△ディラデラノビア

持続ラップに適性があると思われる3頭を上位評価しました。3歳の比較でローブはダイワにかなり能力的に劣っているというのが一般的な評価ですが、それは瞬発力勝負という土俵の上のことであり、2000m以上の持続ラップのレースになれば逆転も十分あるという判断です。メンバー落ちと言われるオークスですが、このレースはとても評価しています。
ダイワは出走していたとしても3着以下だったと思っています。

ダイワの鞍上の安勝JKが直線で後ろを気にしながら満を持して追い出すといったレースにならない事を期待しての予想です。全てはアサヒライジングの鞍上の積極的な気持ちにかかっています。

瞬発力勝負になればダイワの相手には、1枠に入ったデアリングハートが良いのではないかと。

最高のメンバーでのエリザベス女王杯などと言われていましたが、ウォッカが居なくなっただけで「それ程ではないな」と感じてしまうのは不思議な気がします。

« エリザベス女王杯についての考察! その3 (馬券に絡みそうな馬 [2/2]) | トップページ | エリザベス女王杯の回顧! またダイワが逃げているのに道中緩む流れに・・・ »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/8866742

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベス女王杯の予想!:

« エリザベス女王杯についての考察! その3 (馬券に絡みそうな馬 [2/2]) | トップページ | エリザベス女王杯の回顧! またダイワが逃げているのに道中緩む流れに・・・ »