2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« エリザベス女王杯の回顧! またダイワが逃げているのに道中緩む流れに・・・ | トップページ | マイルCSについての考察! その2 上位評価を考えている出走馬 »

マイルCSについての考察 その1 本命は最初から決まっていたのですが・・・・

タイトルにも書いた様に、本命は最初から決まっていたのですが、なんと!!!コンゴウリキシオー回避のようで・・・・ 香港マイルのレースに向かうらしいですね。

今日はコンゴウリキシオーについて沢山書きたい事があったのですが、回避は非常に残念です。この馬はデビューから2000m前後を使われてきましたが、明らかに適性はズバリマイルだったと思います。力を付けてきた上に、マイル適性が非常に高い!この馬が普通に1分32秒前半で走ってしまえば、後ろの馬は相当巧く立ち回らないとこの馬に追いつくのは難しいと考えていました。 障害になる馬も居ませんし、今回はかなりチャンスだったのでは?と思ってしまいます。馬券を買う側としても、近走負けて人気を落とす要素があっただけに全く残念です。
香港マイルは応援したい所ですが、マイルを走る限りは買いたい馬なので、芝が合わなかったという事で負けて帰って来て下さい(苦笑)
出走しない馬の事を長々と書いても仕方ないので、気持ちを切り替えて!

気になる馬というか、対抗評価にしようと思っていたのが、アグネスアークです。このままでいくと繰り上がっての本命になりそうです。
札幌記念では大変世話になった馬でしたが、馬体減のみを理由にその後軽視してしまいました。この馬はタフな馬なのでしょう。マイルCSでは、まず緩みとかは無く、極限のスピードと底力のレースになるので最後の最後で蓄積された疲労の影響が出る心配はあります、そしてマイルG1の速い流れに対応出来るか?その流れに乗って走って今まで通りの末脚を発揮出来るか?も不確定な要素です。しかしそれを考慮しても、他の馬より今のところは魅力的に感じています。

まず札幌記念のレースラップを。

12.7-10.9-11.9-12.7-12.5-12.5-12.1-11.7-11.4-11.7

これは当レースの勝ち馬で、エリ女2着だったフサイチパンドラのラップそのものですが、このレースはフサイチ鞍上の藤田騎手が完全にレースをコントロールして、逃げたこの馬が勝つ為のレースに仕立て上げました。この流れでしっかり最後の瞬発力を見せた逃げ馬に対し、中団から首差まで迫った2着アグネスアークは間違いなくこのレースで1番評価していい馬だったと思います。

次に毎日王冠。

12.9-10.6-10.9-11.5-11.6-11.9-11.4-11.6-11.8

このレースラップは緩みの無い非常に厳しいレースだった事を物語ります。このレースで1番評価すべき馬は59キロを背負いながら厳しいラップを2番手辺りの前目でレースをして3着に粘りこんだダイワメジャーでしょう。
しかしながら、デビューから9戦目でこのようなハイレベルなレースに対応して2着にきたアグネスアークも評価して良いでしょう。コンゴウリキシオーが圧勝したマイラーズC(このレースでのリキシオーの強さはG1レベルだったはずです!!)で10着に敗れた馬とは別の馬になったと思います。中弛みの札幌記念の好走後だけにこの馬の更なる可能性を感じました。骨折で間が空いた事もあり順調にキャリアを積めなかった馬がこの2戦で本格化したと言えると思います。

前走、天皇賞。

これは語るまでも無いでしょう。かなりの不利を受けたにもかかわらずに、再加速してメイショウサムソンの2着に飛び込みました。これはかなりの多頭数が不利を受け、当然馬体の軽い馬の方が再加速は有利なので、430キロという軽量馬体が影響した事もあります。
このレースでは、そんな事より自分よりずっと大きな馬にぶつけられ、しかもかなりの不利を受けたのにその後しっかり伸びて2着!という馬の根性、レースに対しての集中力を極めて大きく評価したいと思います!

この3レースの中でも毎日王冠のレースの流れの質は今回のG1に繋がると言えると思っています。レースでの1番のパフォーマンスはダイワメジャーだと感じていますが、6歳でおそらく下降線を辿るであろうダイワと4歳9戦目であったアグネスアークを比較すると今回のG1では実力が逆転している可能性は高いはずです。

コンゴウリキシオーとアグネスアークの双方の騎手の欄に藤田騎手の名前がありましたが両馬が共に出走したら、藤田騎手はどちらの馬を選んだのでしょうか?私なら今後はともかく、今回のレースを勝ちたいのなら迷わず、コンゴウリキシオーを選びますが。

« エリザベス女王杯の回顧! またダイワが逃げているのに道中緩む流れに・・・ | トップページ | マイルCSについての考察! その2 上位評価を考えている出走馬 »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/8920564

この記事へのトラックバック一覧です: マイルCSについての考察 その1 本命は最初から決まっていたのですが・・・・:

« エリザベス女王杯の回顧! またダイワが逃げているのに道中緩む流れに・・・ | トップページ | マイルCSについての考察! その2 上位評価を考えている出走馬 »