2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« エリザベス女王杯についての考察! その1  | トップページ | エリザベス女王杯についての考察! その3 (馬券に絡みそうな馬 [2/2]) »

エリザベス女王杯についての考察! その2 (馬券に絡みそうな馬 [1/2])

今日は馬券に絡みそうな馬について。

まず、去年の覇者(繰り上がりですけど)フサイチパンドラ
この馬の適性は明らかに、2000m以上にありそうです。そしてG1レベルのレースでは、道中緩んでの瞬発力レースよりは緩まない流れでの持続力を求められるレースで好走する馬だと思っています。
只、今年の使われ方、去年と比較しての馬の力は双方とも疑問であり、人気になる様なら買いにくい事は確かです。今年勝った札幌記念もレースの流れが向いた事が大きいと思っていますので、それ程評価していません。
騎手のルメール騎手は超一流だと思いますが、ハーツクライやトウカイトリックの騎乗を見ると、
いきなり能力を引き出して勝ってしまうような天才肌の騎手ではなく、一度乗った後の分析力が高く、次走、次々走に工夫を織り交ぜて更なる好走に繋げるというタイプの騎手ではないかと感じています。
馬のキャラ、ルメール騎手が初騎乗という事からも1着は無い馬と言えると思います。

次にアサヒライジング
この馬もフサイチパンドラと同じく、G1のような流れでは2000m以上に適性が有り、瞬発力より持続力を問われるレースでこその馬と感じています。
この馬が今回、フサイチパンドラと違う所は、パンドラが去年の能力を維持しているか疑問なのに対し、この馬は去年より更にパワーアップしている事です。
クイーンSでは相手がそれ程でも無かった事もありますが、瞬発力で完勝しました。ココで馬の本格化を感じました。前走は確勝かと思いましたが、乗り替わりの北村JKが大事に行き過ぎた為に後ろにいたデアリングハートに瞬発力の差、1800mの適性の差で敗れたものと思っています。
今年に入って2000m以上のレースを使っていませんが、2000m以上のレースでこの馬自身が持続力ラップを作って行けば相当強い馬のはずです。(ロイアルタッチ産駒というのが引っかかりますが・・・)
今回はダイワスカーレット程のスピードを持ち合わせていない為、おそらくダイワの後ろでのレースになるでしょう。ダイワはいつもの通りスピードの違いを生かして先行し、道中息を入れて後ろを確認しながら最後の瞬発力を引き出して後ろの馬を完封すると言うのがベストのレース運びのはずです。
アサヒライジングはダイワがペースを緩めた所でアサヒは緩めず一貫したラップで、ダイワに並びかける、若しくは前に出るような積極的なレースをすれば、ダイワより前でゴールする事は可能だと思います。(と言うか、コレをやってもらわないとダイワが残ってしまう!!!)
前走で道中緩んで楽勝してしまった逃げ馬と云うモノは、次戦で一転厳しい流れに巻き込まれると意外に脆い一面を見せる事がよくあります。
例えば最近では、タップダンスシチーが金鯱賞で道中緩んだレースを珍しく33秒台の末脚で完勝した後、宝塚で締まった流れに巻き込まれ惨敗した事などはいい例でしょう。
秋華賞はダイワにとってラッキーでしたが、次走の事まで考えるとそれ程ラッキーなレースでは無かったかもしれません。(?)

只、関西圏で全く勝負弱い柴田騎手が、そんな強気のレースをするかというと大きく疑問であり、終始ダイワの後ろにいる様なら完敗でしょう。 ラップの踏み方は巧い柴田騎手なので北村騎手よりは期待が持てます。

1番人気になりそうなダイワスカーレット
この馬が2200mでも「テン良し、中良し、終い良し!」の馬なら歴代の名牝決定ですが、前走など特に「中良し」は大きく疑問で、2000m以上で「中」が締まってこれまでのようなパフォーマンスが出せるかと言えば、まだ未経験なので分かりませんが、1番人気に応えるような信頼性は無いはずです。ローズSのラップを見ると出来ちゃいそうな気もしますが・・・
少なくとも、2強の関係は2000mを境に力関係は逆転すると見ています
その根拠はこの2頭が対戦した桜花賞トライアルのチューリップ賞と本番の桜花賞での順位の逆転現象
この時チューリップ賞でウォッカに負けたダイワスカーレットはウォッカに勝つ為、たいして間隔が離れていない桜花賞で2ランクくらい高いレベルの走りをしました。
ウォッカもおそらくチューリップ賞より1ランク上の走りをしたと思いますが、ダイワのそれはウォッカを遥かに凌駕するモノでした。
3着以下の着差を見ればこの2頭のレベルの高さが伺えると思います。
チューリップ賞でそれ程力を隠していたとは思えず、短期間でこれほどレベルの高い走りに変わった事・・・・・・
それは、マイルに適性があるから!!!!
そう結論付けていますので、今回の条件では

ウォッカ  >>>>  ダイワスカーレット

となります。
しかし馬券では2強の1頭を1着に固定、もう1頭を2,3着になんて馬券を買うくらいなら「見」した方がいいと思っていますので、難しいレースになりそうです。
長くなりましたので今日はココまでで。  

« エリザベス女王杯についての考察! その1  | トップページ | エリザベス女王杯についての考察! その3 (馬券に絡みそうな馬 [2/2]) »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/8827232

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベス女王杯についての考察! その2 (馬券に絡みそうな馬 [1/2]):

« エリザベス女王杯についての考察! その1  | トップページ | エリザベス女王杯についての考察! その3 (馬券に絡みそうな馬 [2/2]) »