2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 秋華賞、府中牝馬Sについて簡単に考察 その2 | トップページ | 秋華賞前日予想! »

秋華賞について簡単に考察 その3

まずは秋華賞です。
どう考えても堅い決着になりそうなんですが、穴馬を探そうと思います。

すいません。無理みたいです。
そこで人気の一角ですが3強とは違う流れで強さを発揮している馬について少し、

ローブデコルテ
この馬のキャラは分かり易いと思います。

「上がりが速くなる競馬で切れ負け、上がりがかかる競馬で台頭!」

連対を外したレースはこれまでに3つ

朝日JF          ウォッカ(1着)         上がり   34.2
    (4着)    アストンマーチャン(2着)           34.5

チューリップ賞   ウォッカ(1着)          上がり   33.5 
    (5着)     ダイワスカーレット(2着)           33.9 

桜花賞       ダイワスカーレット(1着)    上がり  33.6
    (4着)    ウォッカ(2着)                33.6

このように連対馬が33秒、34秒前半のタイムで上がられると勝負になりません。
逆に、34秒後半から35秒の上がりのレースではすべて連対しています。連対したレースにはウォッカとダイワスカーレットは出走していません。オークスにはベッラレイアが出走し果敢に勝ちに行く競馬をし、最期上がりがかかった分ローブデコルテが僅かの差で差しきる事ができました。

普通に考えれば3強に少し能力的に劣る馬って事になりますが、ではなぜこのデータが大事かと言うと・・・・・ 
京都の内回りで行われるG1であるということ。スタートから1コーナーまでが短く、1コーナーからすぐに2コーナーが続く、隊列が素直に決まらないとかなりペースが速くなる恐れがあります。ここでダイワスカーレットがうまく逃げて誰も絡まなくても3コーナーからの仕掛けが早まることは十分に考えられます!!
なんたって1番人気(かな?)のダイワスカーレットが前でレースを作るのは間違いないのだから! 淡々と行かせたらそのまま勝ってしまうのは全ての騎手が思っているでしょう。
京都内回り2000のG1の1番人気の逃げ(若しくは事実上逃げ)は相当能力差が無いと中々難しいと思います。 しかもこの馬かかり癖がありますし。 

3コーナーからの仕掛けが早くなれば上がりが34秒前半になる事は無いと考えればローブデコルテの出番です!!! 
3強はダイワの新馬戦とベッラレイアのオークスを除いて全てのレースで33秒台、34秒前半で上がるレースしかやってないんですよねー  (ウォッカの負けた宝塚を忘れてました)

ローブデコルテにベットする価値はありそーな!!

先ほど「相当能力差が無いと」と言いましたが桜花賞の強さを見る限りダイワとその他の馬では相当の能力差がある気がするんですけど・・・・      

                   

« 秋華賞、府中牝馬Sについて簡単に考察 その2 | トップページ | 秋華賞前日予想! »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/8376216

この記事へのトラックバック一覧です: 秋華賞について簡単に考察 その3:

« 秋華賞、府中牝馬Sについて簡単に考察 その2 | トップページ | 秋華賞前日予想! »