2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 秋華賞、府中牝馬Sについての回顧 | トップページ | 菊花賞についての考察!その2 »

菊花賞についての考察!その1

今週は菊花賞ですね。
予想方法は血統によるものではありませんが、特に近年になってからの長距離戦は血統の要素の重要性が増していると考えています。

短距離馬は別として、基本的に1600m、2000m、2400mと根幹距離と呼ばれる分野で強さを発揮できる馬が求められる為、このような距離で活躍した馬どうしが代々配合され、この分野で、より精錬された強さを持った馬が活躍します。
特にサンデーサイレンスの血が日本の競馬に入ってからこの傾向は顕著なものになったと感じています。 このSS産駒は根幹距離で無類の強さを発揮し日本の競馬界を席巻しましたが、根幹距離への適性に特化しているが故に、2200などの非根幹距離で意外な脆さを露呈してしまう事もしばしばありました。
1800や2200のG2で強さを発揮し(2000の弥生賞に3歳時に勝っていますが)、根幹距離で行われるG1でいつも一歩足りなかったバランスオブゲームなどは全く逆のタイプと見ることが出来ると思います。(1800のG1があればG1馬になれたと思ってます)

何が言いたいかと申しますと、今の日本の(世界の)競馬界は根幹距離で勝てる馬を求めて生産される為、その分野で能力を発揮する馬が多いと思います。そしてこの分野で何度も好走する馬が世間では強い馬と認識されます。
もちろん中には本当に強い馬もいて距離適性など関係なくどんなレースにも好走する馬がいます (このような馬が3冠馬になったり、怪物と呼ばれたりするんですが) しかし何頭もいる訳ではありません。

この強いと認識された馬が3000mでも強さを発揮出来るかというとかなり疑問な訳です。3000mが根幹距離と言われるかどうか分かりませんが、阪神大賞典と今回の菊花賞しか使われないこの距離は間違いなく2400とはチョット違う適性が求められる訳で試行レースの少ない2500、2600とかで好走した上がり馬などに。「もしかすると3000の適性が有るのかも」と期待を寄せてしまいたくなるのであります。そんな馬を今回は狙ってみたいということです。人気が無ければなおさら!!そしてその馬の血統が今の競馬界の主流から少し外れているような血統ならなおさら!!主流から外れている血統だからこそ3000mに適性のある可能性があると!!! ちょっと強引ですが、どんぐりの背比べの菊花賞ならアリなのでは!

いつも2000m,2400mで好走した人気になる馬をこのような理由付けで軽視する訳ですが、今回1番人気が予想されるロックドゥカンブは根幹距離を勝ち上がってきたのではありませんねー これは少し困ります。

それにしても3冠の最後の1冠が3000mというのはいいですね!2000、2400mに適性があり、それでも3000を勝つというのは本当に強い馬って事になりますから!3冠の重みもグッと増すと思います。特に近年の競馬では3冠馬はかなり出現しづらいと思います。一昨年圧勝で三冠馬になったディープインパクトは、まさに10年に1度出るか出ないかの馬でしょう。

今年はどんなレースになるんでしょう。楽しみですね。
菊花賞考察と言いながら、雑談になってしまいましたね。申し訳ありません。

« 秋華賞、府中牝馬Sについての回顧 | トップページ | 菊花賞についての考察!その2 »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/8457043

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞についての考察!その1:

« 秋華賞、府中牝馬Sについての回顧 | トップページ | 菊花賞についての考察!その2 »