2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 菊花賞についての考察!その2 | トップページ | 菊花賞についての考察!その4 »

菊花賞についての考察!その3

今日は有力馬と他に気になる馬を!

まずはフサイチホーオー
この馬は2000mベストの馬だと考えています。差し損ねた皐月賞はこの馬にとっては制覇しておかなくてはいけないレースでした。あの皐月賞の最後のキレを見る限り長距離が合うとはとても思えません。
更にダービー、神戸新聞杯と直線を向いてから全く反応しない不可解な負け方。精神的に何か問題を抱えているのでしょう。走る気力を失っている可能性があります。
例え、ダービー、神戸新聞杯で好走したとしても菊花賞では買いたくない馬です。
コスモバルクと馬のイメージがダブります。

次にドリームジャーニー。  
2歳時の朝日FSでは、強い先行馬2頭で決まるかと思ったレースを後方からズドーンと差し切り、皐月賞では後方待機で同じ中山でしたが、それ程弾けず。アドマイヤオーラには勝てない馬だなという印象を持ちました。そしてマイラーかな?と。
前走、神戸新聞杯は後方から見事な差しきり勝ち!
しかし、レース自体は菊花賞に繋がるレースでは無かったと思います。今年から2400mになりましたが、後ろから上がり最速を繰り出した馬が1着になってしまうという、いかにも京都外回り2400mに有りがちなレース!!しかもこの条件での騎乗がとても巧い武騎手(弟の幸四郎騎手も巧い!)の満点騎乗! 必要以上に人気になりそうです
母父がメジロマックイーンなのは不気味ですが、2000m以上は道中緩んでこそ差して来れる「スローで差せる追い込み馬」と見ています。
良くて3着突っ込みかなと考えてます。
1,2番人気になりそうですが、冷静に考えても、朝日FSの勝ち馬が3歳クラシックG1で馬券に絡めていないのに菊花賞で突然馬券に絡むとは到底考えられません!!

そして、ロックドゥカンブ
この馬は強いと思っています。南半球生まれで生まれが他の馬より遅いため、菊花賞を制覇するような完成度と考えると少し疑問も残る事は確かに有りますが。
ラジオNIKKEI賞、セントライト記念、それぞれ1800m、2200mを先行してそのままねじ伏せてしまうレースぶりは見事で、スタミナ底力を兼ね備えているのは間違いないでしょう!しかもその2レースがデビューしてから3、4戦目というのは特筆ものです!!このまま成長すればどれほど強くなるのか・・・・・?
とは言うものの、今まで1線級と対戦していないのは確かで、力の有る馬相手にねじ伏せられるかというと、???な訳で、特に菊花賞で5戦目というキャリアの浅さが心配の種です。
本命は打てませんが、それでも馬券圏内に飛び込む可能性は高いのではと考えています。

アサクサキングス
この馬はウォッカがダービーなんかに出て来なければダービー馬です!(笑)
福永JKがローブデコルテでオークス制覇した後日、何かのインタビューか対談で、ウォッカがオークスに出てこなかった事について触れられ、「ウォッカがオークスに出走していれば、アサクサキングスでダービー取ってたよ」の意の事を言っていて、福永JKらしいなと感じたことを覚えています。
ついこの前までは福永JKと言えば、長距離戦で信用度が落ちる騎手として考えていたのですが、最近彼の長距離戦の騎乗には光るところがあります!何か掴んだ事があるのでしょうか?超天才JKの息子ですから!騎手として一皮剥けた感じがします。
肝心の馬の方はというと、ホワイトマズル産駒ということで、イングランディーレ、シャドウゲイト、トーセンダンディーを輩出している様に、やはり前に行ってレースをするとしぶとい!なかなか脚が垂れない!といった特徴は受け継がれているでしょう。
只、毎回強いレースが出来るかと言うと、そうでは無い訳で(産駒を見ても特に人気薄で前に行った時に結果を出しており、今回はおそらく人気薄ではない!!)。
特にタフな馬かもしれませんが、春のローテで、皐月賞、NHKマイル、ダービー、宝塚!!と出走したのは明らかにマイナスで、前走の神戸新聞杯の好走は驚きましたが、菊花賞はそれほどヌルイレースな訳は無いので、お釣りが無い状態での出走だとしたら勝負にならないかと。ココで来る様なら相当タフな馬という評価を生涯続けます!

ヴィクトリー
この馬の評価は保留で後日に

最後に気になる馬は、血統からは考えられませんが、サンツェッペリンです。詳しくは明日書きます。

(追記)
大きな誤りを一つ、アサクサキングス騎乗は四位騎手ですね。福永騎手はタスカータソルテに騎乗でした。すいません。 神戸新聞杯でもコレでしたね。
乗り替わりの事情はわかりませんが、ダービー2着に持ってきた騎手が乗り替わりとは・・・ 福永騎手が岩田騎手がビクトリーに乗る事によって空いたタスカータソルテを選んだのでしょうか??

(更に追記)
神戸新聞杯は阪神2400mですね。コースまで変えちゃまずいですね。お恥ずかしい間違いをしてしまいました。

« 菊花賞についての考察!その2 | トップページ | 菊花賞についての考察!その4 »

ギャンブル」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

レースの展望、予想、回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470237/8491519

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞についての考察!その3:

« 菊花賞についての考察!その2 | トップページ | 菊花賞についての考察!その4 »